外語祭1日目

0

    おはようございます!

    広報局2年スタッフブログ担当2年の宇野です。
    昨年の外語祭が終わってからはや1年ーーまたやってまいりました!!

    第92回外語祭、いよいよ今日からです。

    幸運なことに、今年も5日間は晴れが続くようで、今日もさわやかな青空に見守られながら初日を迎えられました
    このブログをお読みのみなさま、ぜひお時間がございましたら遊びに来てください
    びっくりするくらい幸せなひとときを、お約束します(*´σー`)

    さてそれでは今日の語劇と本部企画のタイムテーブルをご紹介いたします


    *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○


    【1日目:語劇タイムテーブル】


    10:00ー11:00 『ゆかいなどろぼうたち』ラオス語専攻
    11:30ー12:50 Hacivat Karagöz Neden Öldürüldu?トルコ語専攻
    13:20ー14:20 『アーレーウー』カンボジア語専攻
    14:50ー16:10 O Auto da compadecidaポルトガル語専攻
    16:40ー17:40 『зууны хайр 〜ウランバートルへの恋文〜』モンゴル語専攻
    18:10ー19:30 『シリアの花嫁』アラビア語専攻


    各専攻語語劇のタイトルや明日以降の語劇のタイムテーブルについては、公式HPをご覧くださいませhttp://www.gaigosai.com/eve_gogeki.shtml


    *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○


    【1日目:本部企画タイムテーブル】


    Pick Up!!


    ★オープニング(1日目限定企画)★
    「外語祭は、ここから始まる」今年度初の試み!

    語劇PRなど見所満載です。

    外語祭の始まりを一緒に感じよう!
    時間:9:55ー
    場所:野外ステージ(円形広場内)
     

    ★民族衣装コレクション(1日目限定企画)★
    世界の民族衣装がここに集結!
    外大生が自慢の民族衣装を野外ステージでフッションショーのように披露します。
    あなたもこのステージで民族衣装のすばらしさに魅了されること間違いなし!
    時間:14:00ー15:00
    場所:野外ステージ(円形広場内) *雨天時は研究講義棟1階101教室


    ☆キャンパスツアー(全日企画/定員制/整理券制)
    時間:12:00ー16:00 *11:00から整理券配布
    受付場所:研究講義棟1階ガレリア内100教室前


    ☆受験生応援冊子『たふまにゅ』(全日企画/数に限りあり)
    配布時間:12:00ー16:00
    配布場所:研究講義棟1階ガレリア内100教室前

    ☆外語祭トラベラー(全日企画)
    受付/景品交換場所:研究講義棟1階ガレリア内112教室前
    景品交換時間:11:00ー16:30

    ☆GAIGOSAI〜世界のレシピ〜(全日企画)
    配布時間:11:00ー16:30
    配布場所:研究講義棟1階ガレリア内112教室前


    ☆世界の絵顔〜Face Painting〜
    時間:11:00ー16:00
    場所:研究講義棟2階217教室前テラス

    ☆世界の文字で綴る私の名前(全日企画)
    時間:12:00ー17:00
    場所:研究講義棟1階ガレリア内103教室前

    ☆世界の工作体験(全日企画)
    時間:11:00ー17:00
    場所:研究講義棟2階多磨駅側ソフースペース


    ☆着てみよう☆民族衣装(全日企画)
    時間:11:00ー17:00
    場所:研究講義棟1階ガレリア内110、111教室前

    ☆わくわく★抽選会(全日企画)
    時間:10:00ー18:00
    場所:多磨側駅側インフォメーションセンター内テント

    *ここに書かれている時間は22日の時間です。

    *明日以降は開始時刻、終了時刻、ともに変わる企画がございますので公式HPにてご確認くださいませ。

    http://www.gaigosai.com/eve_hombu.shtml


    *:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○*:.。..。.。o○


    外語祭期間中、このブログは朝と夜に1日2回も更新されます!!
    朝の記事ではその日の語劇と本部企画のタイムテーブルのご紹介を、夜の記事ではその日の外語祭の様子を同じくブログ担当の福江くんと一緒にレポートしてまいりますのでご期待ください


    また外語祭中の最新情報はTwitterにて続々配信しております♪

    そちらもぜひご覧ください→https://twitter.com/gaigosai92

    それでは、みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!
    お気をつけて、お越しくださいませ(*´▽`)*´▽`)*´▽`)ノ 



    文責:宇野唯(広報局)


    『手のひらサイズの宝箱』

    0


      ──■□ いよいよ明日から外語祭 □■── 

      みなさんこんにちは。ブログには2度目の登場、

      国際社会学部ドイツ語科、

      そして語劇局3年の山元菜摘です。

       

      1回目は昨年度、

      2年生の時にひたすらドイツ語への愛を語った私ですが、

      なんと第92回では外語祭前の個人記事としては3役局長陣を差し置きまさかのアンカーを務めることとなりました。

      前期にスケジュールを見たときは本気でこの名字のもとに生まれたことを恨みましたが、

      せっかくなので引退前最後の外語祭を目前に、

      すこしだけ書き残しておこうと思います。

      みなさんしばしおつきあいください。

       

      ここ最近、外語祭を間近に控えて、

      ふと自分は3年生になってからのこの半年強実行委員会内で何をしてきたのかなと考えることがあります。

      もちろん語劇局の最上級生として活動に追われていたといえばまあそうですし、

      過去2年間とは比べ物にならないくらい本部に入り浸ってるとか、

      気が付いたら本部の掃除ばっかりしてるとか、

      たくさんの後輩と仲良くなれたとか、

      あげようと思えばそれなりにいろいろありそうです。

      そんな中でやっぱりこれだなと思うのが、「写真」です。

      私はこの半年間で、おそらく実行委員の誰よりもみんなの姿を写真におさめてきました。

       

      もともと写真を撮るのは好きで、

      たまにイベント時に一眼レフを持って来てはこっそり写真を撮ることもありましたが、今年の誕生日にプレゼントでデジカメを買ってもらったのをきっかけにカメラを常に持ち歩くようになりました。

      文字通り毎日です。

      デジカメって便利ですよね。

      おっきなケースに入れてレンズとか一緒に持ち歩く必要ないし、

      鞄やポケットに入れて撮りたい時にすぐ取りだせたり。

      しかも最近のってかなり画質とか性能もよくて、

      パッと撮ってもなかなかいい写真が…ってそんなことは置いといて、

      デジカメさんのおかげでわたしは本部のカメラおばさんと化しました。

      今ではカメラを取り出しただけで「あ、先輩さすがです!」

      なんて言われます。

      私のアイデンティティはもはやカメラに。

       

      そんなこんなで92nd外語祭実行委員会が本格的に始動した4月から写真を撮り続け、11月までで撮った写真の枚数はざっと数えても3000枚以上になります。

      ちなみについ先ほど、4月に使い始めた16GBSDカードがいっぱいになりました。

      なんだか感慨深い。

      そして、3000の写真をひとつひとつ見ていくと、

      そこにはいろんな人の真剣な表情だったり、

      落ち込んだ表情だったり、

      そしてたくさんの笑顔があります。

      一枚一枚に実行委員会のみんながこの半年間どうやって過ごしてきたのか、

      そのかけらがたくさんつまっています。

      もちろん私が写真に撮った場面なんて彼らの生活や活動のごくごく一部にしかすぎませんが、

      それでもふと何か見るたびに連鎖的に記憶の中からよみがえってくるのが思い出というものですし、

      写真という形で彼らの思い出を色鮮やかに保つきっかけを作れたことはよかったなと思うのです。

       

      そして、2年生まで内気で人見知りだった私が3年生になり少しずついろんな人と話すようになって、

      活動の中でこうして本部員みんなのことを間近で見つめ記録に納めながら思うのは、

      大事な後輩たちや先輩方、そして何よりも愛すべき同期のみんなの存在あってこその外語祭、そして外語祭実行委員会だということ、

      そしていつだって誰かが外語祭のことを、本部員のことを大切に思い、助け合っているからこそ、こうして外語祭はつづいていくのだということです。

       

      このブログを書いている今も、すぐ近くでは後輩や同期が目前に迫った外語祭に向けての作業を着々と進めています。

      楽しそうに話している子たちもいれば、

      トラブルの対応にあたっている人もいたり。

      そんな彼らの姿を時折写真に納めながら、私は彼らに出会えてよかったなと思うのです。

       

      さて、いよいよ明日に迫った外語祭。

      素敵な仲間に出会うきっかけをくれた夢のような5日間に感謝しながら、

      今年はたくさんシャッターを切っていきます。

       

       

       

      文責:山元菜摘(語劇局)


      仲間

      0

         ──■□ 外語祭まで:残り3日 □■── 


        はじめましての方もそうでない方もこんにちは。

        国際社会学部スペイン語科3年、企画局の市原佑季子です。

        外語祭実行委員の現役として最後のスタッフブログに何を書こうか迷いましたが、今日はタイトルの通り、私の仲間たちの話をしようと思います。

         

        昨年の第91回外語祭が開催されていた時、

        私は日本にはいませんでした。

        2年生の秋学期から3年生の春学期までアメリカに派遣留学に行っていたためです。

        大好きな実行委員会を途中で抜けて留学することに関してはとても悩んだのですが、留学をすることは小学生の頃からの夢だったので、2年生での留学を決意しました。

        ではなぜそんな私が今スタッフとしてブログを書けているのか。それは先輩、後輩、そしてなにより同期が快く私のわがままを許してくれたからです。

        出国前はどこまで自分で仕事をして何を後輩や同期に引き継ぐか決めきれずに迷惑をかけてしまいました。

        アメリカにいる時も時差や課題のせいで思うように実行委員会のサポートができず、迷惑をかけてしまいました。

        帰国してからも、前例のない年度途中からの参加で、

        新年度のシステムや前年度の外語祭の知識が浅かったため、

        特に同期には迷惑をかけてしまいました。迷惑だらけですね。

        それでも優しい実行委員たちは嫌な顔ひとつせずに私を見送り、

        励まし、また迎えてくれました。

        自分の方が忙しくて辛いはずなのに、

        他者のことを気にかけて元気づけてくれる。

        なかなかできることではありません。

        その励ましに留学中も何度助けられたことか…

        心の底から感謝しています。

        帰国した時、多くの人に「何も変わってないね」と言われました(いい意味だと信じたい…)

        私は他の人から見てあまり変わらなかったようですが、

        私は帰国してみんなの変わり様に驚きました。

        頼もしくなった後輩、今まで見たこともなかった責任者の顔がさまになっている同期たち…

        その変化の過程を共有できなかったのは残念ですが、

        留学したことを後悔はしていません。

        今まで散々迷惑をかけた分、

        92回外語祭ではその恩返しをしようと頑張っています。

        私に限らず、東京外国語大学の学生一人ひとりが頑張って作り上げる外語祭

        最高の仲間たちと共に、

        皆様のお越しをお待ちしております。

         



        文責:市原佑季子(企画局)


        ちっちゃな地球

        0
           ──■□ 外語祭まで:残り5日 □■──


          初めまして、外語祭実行委員会広報局2年中国語科の山浦華絵です。

          広報ではSNSWebとコラボ企画の担当をしています。

          コラボってなんぞや?

          って思った人は是非GAIGOSAIWEBのスペシャルページを見てくださいね!(宣伝)

           

          私は中高運動部だったので文化祭の運営というのは今までやったことがなく、入った理由も絵描くの好きだし、友達が入るから〜という典型的なパターンでした笑

           

          なのであまり熱心ではなかったのですが!

          去年の外語祭の円形広場の様子!!

          みなさんもそうだとは思いますが、私あの円形広場の様子が大好きなんです!!

          一年生が一生懸命料理を作り、横断幕がなびき、様々なダンス、音楽がステージに現れ、来てくれた人皆が外語祭すげー!って言ってる光景...

          その時外語祭凄いだろ!

          フフン...と内心ほくそ笑み、

          運営側になって良かったなーと思いました。

          (遅いという突っ込みは受けません!笑)

           

          外語祭期間中の円形広場はその形もあり、

          さながらちっちゃな地球みたいだなと思っています。

          「世界をつれてきた。」

          今年のスローガンはそんな光景にぴったりなんじゃないかと思います。

          ぜひ足を運んでちっちゃな地球を体験してみてくださいね!

          きっとあなたも大好きになるはず!

           



          文責:山浦華絵(広報局)


          「自分にとってかっこいいもの」

          0


            初めまして、外語祭実行委員広報局2年の山口かれんです。

            突然ですが、わたしは人間観察が好きです。

            好きというか無意識のうちに人を見ています。

            そのせいか友達の変化にはよく気がつきます。

            髪型や化粧の変化には結構敏感です()

            とはいっても人の服装チェックをしているんでもなんでもなく、

            ただただ「あっ、この雰囲気すきだな〜」とか「この髪型おしゃれ」のようにボーッとみてます。

            影響されやすい性格もあって、

            いいなあと思ったものはすぐ取り入れてしまいます。

            あたかも自分が開発したかのようにこれみよがしに次の日に大学にその髪型やらをしていくのです……!!()


            わたしがいいなあと思うのは、

            自分流の格好をしている人です。

            流行ものばかりで身を固めるのではなく、

            自分の好きなものを自由に身に付けている人です。
            というのも、この夏ニューヨークに旅行にいったときに驚いたからです。

            みんなバラバラの格好をしているんです!

            同じ気候の同じ都市にいるのに、

            人によってファッションがそれぞれ個性的で、髪型や色、アクセサリーやバッグにいたるまで本当にみんな好きなものを好きなように身に付けているかんじでした。
            日本ならcrazyだと思われてしまうような格好でも、

            あの街だと最上級のおしゃれになってしまうんですね!!

            自由で個性的な人々にすっかり魅了されてしまいました。

            それ以降わたしもファッション雑誌とかを買うのをやめて、

            自分が好きなもの、自分がいいなあと思ったものを身に付けています。

            個性的な人になれたら素敵ですよね〜

            考えてみると外大には個性的なひとが沢山いることに気がつきます。

            みんなバラバラのファッションをしています。

            みんな世界各国に旅行してますし、

            普段からが様々な文化に触れているので、

            自分にとって「かっこいいもの」を各々発見し、

            身に付けているんですね。

            外大にいると、異文化・自分と異なるセンスに対する敷居が低くなります

            これってほんとに素敵なことですよね!!

            そんな外大の魅力が存分に現れているのが、

            外語祭です。(ここまでくるのに大分遠回りしました笑)
            外大生それぞれが思う「かっこいいもの」が溢れんばかりに発揮されています。

            外大に一歩足を踏み入れれば、

            きっと素敵なセンスに魅了・圧倒されるはずです。

            料理に劇、ダンス、お酒……

            「普通」を抜け出して「個性」の溢れる外語祭にぜひぜひいらっしゃってください!!!!

            お待ちしております!!



            文責 山口かれん(広報局)


            −−−−

            ★あらためて、本部企画のお知らせ★

            【オープニング】
            日時:20日(木)9:55〜カウントダウン 10:10〜語劇PR
            場所:野外ステージ(円形広場内)

             オープニング 今年度初企画! 学生代表の宣誓や外語祭の目玉である語劇のPRなど見どころ満載で、外語祭の始まりを華やかに飾ります。 お祭りの幕開けを一緒に感じよう! 



            −−−−−

            文責:福江幸喜(広報局)


            みんなで楽しむ外語祭

            0
               

              ──■□ 外語祭まで:残り9日 □■──


              こんにちは!英語専攻3回生、
              語劇局の白石です。
              先日117日は立冬ということで、
              いよいよ寒さも本番という感じですね。
              外語祭まであと1週間と少し。みなさんは何をしてお過ごしでしょうか。

              この時期、料理店・模擬店、語劇団体は、
              いよいよ追い上げと必死になっているころです。
              料理店はよりおいしいものを作るべく試食会を重ね、
              語劇も本番にむけて練習や大道具の作製に余念がありません。
              語劇局として団体さんを見ているとどの団体さんも一生懸命に頑張っていることをひしひしと感じます。
              この半年間、時には私たちがミスをして迷惑をかけたり、
              時には団体さんが練習をすっぽかしたり、
              そして時にはぶつかりあったり
              いろいろなことがありましたが、
              語劇局員も語劇団体さんも共通して、
              よりよい外語祭のために現在進行形で頑張っています。

              これはきっと外語祭にかかわるすべての人に当てはまることですね。
              月並みな感想ですが、
              実行委員はあくまでサポートする側なので、
              楽しく練習している団体も、
              焦っている団体も、当日成功することを祈る日々です。

              私はにぎやかなお祭りが好きです。
              そして外語祭はたくさんお客さんに来てもらって完成すると思います。
              大きなトラブルが起きなければそれでいい、
              無事に終わってくれと思うこともありますが、
              この文章を書いている今はなんだか元気なのでやっぱり多くの人に外語祭に訪れてほしい!と考えています。
              たくさんお客さんが来てくれるとそれだけで外語祭にかかわる人は皆うれしいし、語劇に力が入り、料理もおいしくなります(たぶん)。
              TUFS
              の最寄駅である多磨駅や飛田給駅までの乗換検索をしてその所要時間に絶望する方もいると思いますが
              (府中にあるから来てね!というとよく目をそらされます)、
              幸運にも外語祭は5日間行われています
              空いている時間を見つけてぜひお越しください。
              外語祭にかかわる者一同、万全の準備をしてみなさんをお待ちしています。



              文責:白石有里奈(語劇局)


              東外大について真剣に考えてみた

              0



                こんにちは、

                語劇局3回生の中沢麻美といいます。

                だんだんと寒くなってきましたね。
                読者の皆さんはお元気ですか?
                普段ブログを書かないので文章が拙い所があるかもしれませんが、

                どうぞお付き合いください。

                さて、外語祭の宣伝はすでに大勢のスタッフがしてくれているので、
                今回は外語祭の舞台となる、

                東京外国語大学の素敵なところについて皆さんにお話しようと思います。
                受験生の皆さんがより大学に興味を持ってくだされば幸いです。

                皆さんは東京外国語大学:通称TUFSがどのようにしてできたのかご存知ですか?

                実は、TUFSはもともと’東京外国語大学’という名前だったわけではありません。
                外国語話者の養成校として、

                戦後に設立された’旧制東京外国語学校’がその前身でした。
                当時は留学に対する敷居が高かったので、

                外国語を話せる人材が現代よりはるかに少なく、
                そういった人材を育成のするための専門的な場が必要だったのです。
                (その辺りはGoogleで検索していただくと詳しくわかると思います)


                現代では外国語を話せることは、

                悲しいことにそれほど希少価値ではなくなりました。
                しかし、日本がいろいろな面でグローバル化しつつある昨今、

                世の中は再び外国語が話せ、
                かつ優秀な頭脳を持った、世界の人々と渡り合える人材を求めています。
                その点でTUFS

                (内情をよく知らない人には外国語専門学校だと思われがちなのですが)
                言語だけでなく外国の経済・政治・文化などの研究も本格的に行われているため、
                異文化の中で鍛えられたい方、

                時代の流れに乗りたい方にはとても向いている大学だといえるのです。
                府中の自然の中にあるためアクセスは少し不便ですが、

                学生数が少ないため比較的11人にケアが行き届くところも利点です。

                私はもともと何かを極めたかったので、

                好きだった英語と、中国語を勉強できるTUFSに入学しましたが
                思ったより勉強が難しく、不甲斐なさを実感してばかりでした。
                しかし一度も入学したことを後悔したことはありません。

                それは上記のように研究が充実しており、
                学生が好きなことに集中できる制度が整っていて、

                純粋に勉強が楽しいなあと思えるからです。
                就活を控えた身なのでひしひしと感じていますが、

                したい勉強ができるのは学生のうちだけなので、
                周りに流されずに勉学に励める環境を提供してくれる大学という場は本当に貴重です。

                長くなりましたが、

                どんなことであれ自分が好きなことをやり切りたいと願う方は、
                ぜひ11月に東京外国語大学をお訪ねください。
                学生一同外語祭でお待ちしています。

                 


                文責:中沢麻美(語劇局)


                自分だけの楽しみ方を探そう

                0
                   こんにちは。
                  国際社会学部ヒンディー語科2年山際咲楽です。

                   

                   

                   私の大好きな秋が来たかと思えば、いつの間にか道路が枯葉で埋め尽くされ、冬の訪れを感じるようになりました。

                  少し寂しい気もしますが、その分外語祭が着々と近づいています。

                  今回はその外語祭での楽しみ方についてお話しさせていただきます。

                   

                   

                   

                   私は旅行が好きで、外大に入学してから8カ国を旅して来ました。今年の夏休みはインド・タイ・インドネシア・ラオス・韓国・台湾6カ国を似非バックパッカーとして旅しました。

                   

                   

                   

                  旅行の魅力というのは山程ありますが、その中でも私が特に大切にしていることは、「その国の食事を堪能する」ということです。

                  食事といっても高級料理ではなく、

                  B級グルメなどのローカルフードを食べることを旅のひとつの楽しみにしています。

                  そういった食事は、その国の特徴をよく表していると思うからです。

                   

                   

                   

                   私が旅行をした国の中でも、

                  特にオススメの国はタイと韓国です。

                  この二つの国はとにかくご飯が美味しいのです!

                  両国とも食事は基本的に辛いのですが、

                  その辛さが少し違います。

                  タイの辛さは口の中で弾けるような鋭い辛さなのですが、

                  韓国の辛さはなんとなくマイルドでじんわりと来る辛さです。

                  私はこの辛さと料理に魅了され、両国のことが大好きになり、

                  去年旅しただけに飽き足らず、今年もまた旅行してしまいました。

                   

                   

                   

                   このように「食事」が一つのきっかけとなってその国のことを知るきっかけになり、その国に行ってみたい、そしてその国の文化や言葉を知りたいと思えるようになりました。

                   

                   

                   

                   

                   外語祭にはそういった「思いがけないきっかけ」がそこら中に転がっています。

                   

                   

                   

                   例えば、料理店で韓国料理を楽しんだら、

                  韓国ではどんな文字が使われているのかを知るために、

                  「世界の文字で綴るわたしの名前」

                  という屋内企画で自分の名前を書いてもらう。

                  そして次は、韓国の民族衣装を知るために屋内企画の「着てみよう☆民族衣装」でチマチョゴリを着てみる。

                   

                   

                   

                  また、ヒンディー語科のインド料理を楽しんだら、

                  先ほどの文字企画でヒンディー語のデーヴァナーガリー文字で自分の名前を書いてもらい、ヒンディー語を知る。

                  そして次はヒンディー語科の語劇「シャクンタラー」(11/23日曜日 16:40) を見てヒンディー語を聞き、インドの文化に触れてみる。

                   

                   

                   

                  ちなみに、私は去年ASEAN諸国の料理店で売られているバナナ料理を全制覇するという目標をたてて外語祭を楽しみました。

                  いろんなバナナ料理を食べ、

                  その違いを比べるのが楽しかったです。

                   

                   

                   

                   どうでしょうか。このように、その国のことを「食事」をきっかけに知ることも面白いと思います。

                  この他にも外語祭は様々な国や地域の文化に触れられる絶好の機会です!想像しただけで楽しそうではありませんか?

                   

                   

                   

                  ぜひ新しい世界への扉を開く「思いがけないきっかけ」を探しに外語祭へお越しください。そして自分だけの楽しみ方をしてみてください。

                   



                  文責:山際咲楽(企画局)



                  −−−−−

                  外語祭実行委員会が運営する実行委員会企画に情報を公式HPにて公開しております!

                  今年も5日間にわたってさまざまな企画をご用意しておりますのでお楽しみに!!

                  http://www.gaigosai.com/eve_hombu.shtml

                  −−−−−


                  文責:福江幸喜(広報局)


                  「大好きなお祭りとお仕事」

                  0


                    こんにちは、外語祭実行委員会企画局2年の山本未菜美です!

                    実は実行委員になって2年目だというのに、去年は私、ブログを書くことなく1年目を終えました。

                    人数が多かったので順番が回ってこなかったんですね。

                     

                    というわけで、外実に入って1年半以上たってから初めて書くブログ。

                    何を書けばいいのかすーっごく悩みました。

                    外語祭の宣伝?それとも2年生だし語劇のこと?

                    と、まあ色々悩んだ結果、せっかくのブログデビューなので(笑)、

                    実行委員会に入ったきっかけやら、

                    やりがいとかについてちょっと書いてみようかな、と思います。

                     

                    外語祭については受験生の頃から知っていました。

                    地元が兵庫県なので、

                    親からは東京の大学ではなく関西の大学を受けてほしいと言われる中、

                    東京外大にどうしても進学したい理由の一つでもありました。

                    世界の料理が食べることができて

                    世界の言葉で演じられる語劇があって

                    海外に、世界の文化に興味のある自分にとってこんな魅力的な学祭はない。

                    この学祭のある大学に行きたい。

                    そう思って親を必死で説得、そして必死に勉強しました。

                     

                    無事合格して入学した後は、

                    迷わずこの実行委員会の新歓に行きました。

                    外語祭の運営に関われる委員会

                    絶対入ろう、とまでは決めていなかったけれど、

                    やっぱり足を運ばずにはいられませんでした。

                    そして、新歓行事で先輩方のお話を聞いて、

                    外語祭という素敵なお祭りを運営することに憧れて、入会届を提出。

                    本部員の仲間入りを果たします。

                     

                    ここからが問題でした。

                    実行委員会には局というものがあります。

                    事務局企画局語劇局広報局渉外局野外ステージ局

                    新入生は入会届に希望する局を書かなくてはいけないのですが、

                    私はとりあえず運営に関われたら何でもいいや、

                    という考えから、新歓でお話する機会のあった先輩方の属している局の名前を「何となく」記入しました。

                    そして配属された先は、企画局。初めは、ピンときませんでした。

                    企画局。実行委員会による本部企画というものを構成・運営する局。

                    本部企画がどういったものかは企画紹介のページを見ていただくとして、

                    料理店やら、語劇に気をとられまくっていた私には、

                    「本部企画の運営」がどういうことなのか入会当初は不透明だったんですね。

                    (なぜか料理店・語劇に深く関わる事務局・語劇局は希望に書きませんでした笑)それでもとりあえず一生懸命先輩にふっていただいたお仕事をこなして、

                    段々先輩方に「ここ、どうしたらいいと思う?」と意見も求められるようになって。

                    1つの企画を自分たちで動かしていくことが楽しくなっていきました。

                    「この企画は、自分次第で面白くもなるし、つまらなくもなる」

                    どうすれば企画がより良いものになっていくのだろう、

                    とわくわくしながら考えるようになりました。

                     

                    今年は、新企画を1つ任されています。

                    世界の遊び体験、という企画です。

                    内容はまた企画紹介のページを見ていただくとして、

                    本当に何を来場者に行ってもらうか、

                    当日自分たちがどう動かなくてはいけないか、

                    外語祭までにやるべきことは何か、

                    を考え練っていく作業は簡単なようで難しく、

                    けれど確かにこの企画が進んでいっている実感が外語祭が近づくにつれ得られて楽しいです。

                    料理店や語劇に関わる局もあるけれど、

                    その2つ以外で外語祭を盛り上げる要素の大きな1つである本部企画を動かすことのできる企画局に入ることができて、

                    本当に幸運だったと思っています。

                    というか何も考えずに入った局でここまでお仕事に夢中になれて、

                    もはや運命ですね(笑)

                     

                    さて、つらつらと私事を書いてきましたが、

                    つまり何が言いたいかといいますと、

                    一人の高校生が東京外大を目指すきっかけにもなる外語祭はとーーっても素敵なお祭りであるということ。

                    そして様々な偶然が重なって入った企画局での仕事が私は大好きで、

                    是非是非このブログをご覧になっているみなさんが外語祭を訪れた際は、

                    料理店や語劇だけじゃなく、

                    私たちが懸命に考えてきた本部企画も楽しんでほしいということです。

                     

                    結局外語祭の宣伝になってしまいましたが(笑)、

                    読んでいただきありがとうございました。

                    外語祭で、それも本部企画でお会いできる日を楽しみにしてます!

                     

                     

                     

                    文責:山本未菜美(企画局)


                    −−−−−

                    模擬店の料理店MAPが公式HPにて公開されました。

                    ぜひご覧くださいませ♪

                    http://www.gaigosai.com/eve_mogiten.shtml

                    −−−−−


                    文責:福江幸喜(広報局)


                    「終わり良ければすべて良し」

                    0


                      はじめまして!

                      国際社会学部フランス語科2年の森本です。

                      実行委員では語劇局に所属しています。

                       

                      さる1031日、ハロウィンの外大ではアリス、魔女、パンダ、馬、怪獣、なにものかなどたくさんの仮装した人々を見かけました。

                      高校まではあまりハロウィンはポピュラーな行事ではなかったと思うのですが、

                      世間の風潮が変わったのか、

                      外大がイベント好きなのか。

                      客観的にみてアリス()はとても目立っていたと思います。なんにせよ、みなさんお菓子をくれるのでいい人です。

                       

                      そんなイベント好きな外大生がお送りする、

                      来るべき外語祭に向けて、

                      私たちフランス語科も準備を着々とすすめております。

                      語劇局としては語劇にはいっぱい参加したいということで、

                      私はフランス語科の語劇「Échanger」の助監督をやらせていただいています。

                      リハ直前の今はほんっとうに忙しいです。

                      「忙しくない、忙しくない…」と自分に言い聞かせて日々生きています。


                      Échanger」は3日目の午後という、

                      とても注目度の高そうな時間に上演するのでいまからとてもどきどきです。

                      古典の「とりかへばや物語」を原作としているので知っている人は知っているかもしれません。

                      助監督として、その編纂にも、

                      ャストとしても参加してきた身には、

                      間近に迫った公演の日は緊張の臨界点であり、

                      不安の最高到達点であり、

                      そして1番楽しみたいと思っている集大成の日でもあります。

                       

                      ご来場のみなさまがお楽しみいただけるよう心から願っております。

                      また受験生の方、例え今年行けなかったとしても、

                      来年外大生としてお会いするのを楽しみにしています(*^^*)

                       



                      文責:森本萌(語劇局)

                       

                      −−−−−

                      専攻語料理店MAPが公式HPにて公開されました。

                      ぜひご覧くださいませ♪

                      http://www.gaigosai.com/eve_ryoriten.shtml

                      −−−−−


                      文責:福江幸喜(広報局)



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>

                      外語祭はFBもやっています!

                      Google AdSense

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM