帰省から考える外語祭

0

    こんにちは。

    事務局にて環境・ゴミなどを担当します舘と申します。

     

    「帰省」について何か書けと命じられたため、筆をとらせていただきました。

     

    友人の話を聞いていると、帰省日数の相場は大体34日、長くても1週間程度のようです。

    自分はお盆から2週間ほど、のんびり地元の空気を吸ってきました。

     

    東京での一人暮らしに慣れた自分にとって、

     

    朝起きたら朝食があり、

    昼起きたら昼食が用意され、

    夜起きたら夕飯が食べられる、

     

    それは夢のような生活でした。

     

     

    夢か現かもわからない夢物語はさておき、

     

    地元に帰って母に言われて改めて思ったのですが、

    外語祭のことを「外大祭」だと勘違いしている方が少なくないようです。

    実に嘆かわしいですね。

     

    このブログをご覧になっている殊勝な方々はそのような間違いはしてらっしゃらないと思いますが、

    うっかり読み間違いをしていたせっかちさんはこれを機に正しく覚えていただければ幸いです。

     

    私たちの外語祭。皆さまの外語祭。

    地域の外語祭。世界の外語祭。

    外語祭は府中の隅っこでひっそりと行われる世界規模の学園祭です。

     

    実行委員会も8月の休息を終え、9月からバリバリと働き始めます。

    今年も、関わる全ての人たちで外語祭を盛り上げましょう。

     

    上手いこと締めれたでしょうか。

     

    文責:舘悠貴(事務局)


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    外語祭はFBもやっています!

    Google AdSense

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM