学園祭グランプリ裏レポート

0


    こんにちは、どうもご無沙汰しております、広報局の澄川です。
    90回外語祭関連の更新はもうしないだろうと思っていましたが本日はどうしても皆様にお知らせしたいことがあり、こうしてブログを書いています。

    去る1218日、地球が滅亡する三日前(結局しませんでしたね)この日は実行委員にとって大切なイベントが行われる日でした。


    そのイベントとは「4回学園祭グランプリ」の結果発表および表彰式です。

    学園祭グランプリとはレッツエンジョイ東京が主催する首都圏の学園祭No.1を決定する賞で、首都圏に約80あるといわれる大学のうち今年は66の学園祭がエントリーしていました。


     

    その日は朝から結果が気になって授業も気が気でありませんでした。というのも昨年度の外語祭はこの賞で第三位だったのですが、私はこの結果に満足しておらず外語祭の本気はそんなものじゃない!もっといい賞が欲しい!という野心のもと、この一年間学園祭グランプリの説明会に参加したりエントリーシートを提出したりしておりました。

     

    さてその日の夕方、委員長・広報局長・私の三人は表彰式会場にたどり着きました。企業の方や他大の実行委員の方が集まり、中では立食パーティーが行われていたのです、が、



    …緊張のあまり実際料理を味わう余裕なんて正直なかったです。今でもあの時食べたお肉の味は覚えていません(笑)


     

    料理を頂きながら歓談しているうちにとうとう結果発表の時間に…

     

     

     

    まずは飲酒事故対策を評価する「NO IKKI!」から。

    こちらは海外に本社があるお酒のメーカーペルノ・リカール・ジャパン社の協賛による賞です。

     

     

    早速緊張が走ります。

     

     

    ―――!

    いきなり外語祭の名前が呼ばれました!

     

    外語祭はお酒が楽しめる学園祭としてアルコールパスポート(詳しくはこちら→http://gaigosai.com/alcoholpass/)を導入するなど飲酒事故対策には細心の注意を払っていたのですが、そうした活動が評価されたようです。

     

     

    さて、「NO IKKI!賞」の興奮冷めやらぬ間に続々と「エコ・節電奨励賞」「留学生模擬店メニュー賞」第5位〜第2位「審査員特別賞」の発表へ。



     

    三人でガクガク震えながら発表を聞いていたのに―――





     

    外語祭は呼ばれませんでした。

     

    あぁ、もう一つしか残っていない。

     

    ついに、ついに、MVPつまり優勝校の発表へ。受賞校は前面のスクリーンの表示されるのですがもう怖くて怖くてずっと下を向いてました。

     

    発表します。第四回学園祭グランプリMVPは…

     

     

     

    鳴り響くドラムの音…

     

     

     

    呼ばれなかったら…どうしよう

     

     

     

     

    すると突如隣にいた委員長の悲鳴が。

    はっとしてスクリーンを見るとそこには「90回外語祭」の文字!

     

     

    ウソでしょう!?

    もうわけが分からず三人で我を忘れて大騒ぎです。


     

    外語祭は第4回学園祭グランプリにて

    66大学の頂点となるMVPの栄冠を手にしました!

     

     

     


    写真はNO IKKI!賞の盾と優勝トロフィーです。


    賞をもらう前、私は「学園祭グランプリ」は外語祭実行委員会の広報局だけの仕事だという考えを持っていたのですが


    このMVP

    外語祭実行委員会の仲間たち

    企画を一緒に作ってくれた外大生のみなさん

    外語祭に足を運んでくださった来場者のみなさん

    外語祭をサポートしてくださった教職員のみなさん

    外語祭の歴史をここまで築いてくださったOBOGのみなさん

    その他外語祭に携わってくださったすべてのみなさん

    の力があってこそ取れた賞です。

    もちろん、今画面の前でこのブログを読んでくださっている貴方のお陰でもあるんですよ!
    本当にありがとうございます。

     

    そんな訳で賞をもらって自分が嬉しいというよりも、このニュースを聞いた友人や関係者の方が喜んでいる姿を見られるのが何よりも大きな感動でした。

     

    これをきっかけに皆さんが外語祭のことをもっと好きになっていただけたら実行委員として幸いです。




    続きまして広報局長から皆様へのの感謝のコメントです♪

     

    文責:澄川裕貴子(広報局)

     

     

     

    外語祭に関わった全ての人に喜んでほしいです。この賞は私たちだけのものではありません。

     

    実行委員の仲間はもちろん、参加団体の皆さま、ご来場くださった多くの方々、来れなくても応援してくれた方、少しでも行きたいと思ってくれた方、全ての人にありがとう。胸を張ってください。

     

    学園祭は、どの学校も特徴があり優劣をつけられるものではないと思っています。しかし、名誉や賞金ではなく、私たちが愛して創り上げたものが、広く多くの方々に認められたという事実が、何よりも嬉しいです。

     

    私は広報局に所属していますが、仲間たちによって支えられた、外語祭という広報すべきものがあったから、そして多くの方々がその広報に振り向いてくださったから、私たちの活動は成り立っていました。何が欠けてしまっても、私たちは存在できません。

     

    私はこんな想いができる環境にいられることが本当に幸せです。

     

    ありがとう。

     

    文責:加藤早紀(広報局長)


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    外語祭はFBもやっています!

    Google AdSense

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM