バナナの皮

0

    初めましてこんにちは!

    広報局でスタッフブログなどを担当しています、イタリア語科一年の下村です。

     

    実はこの記事を書きながら微妙にドキドキしている気がします。

    去年までは受験生としてこのブログを読んでいた側なのですが、今度は自分が発信する側になって不思議な感覚に陥っているとともに少し感動しているのです。

    長寿番組とかでよく見る小さい頃からこの番組見てましたアピールする若いゲストさんも同じような気持ちなのかもしれませんね。

     

     

    さて、日本の大学で一番長いと言われている外大の夏休み(正式には夏学期)もそろそろ終わりを迎えようとしています。

    僕の場合は今までのように宿題に追われることは無くなったのですが、それが逆に僕を苦しめているような気がします。(二ヶ月近く主専言語に縛られない生活をしてきたので授業再開が怖いです。)

     

     

    先ほども述べたように外大の夏休みはとても長いため、いろいろな活動をする人がいます。

    ショートビジットと呼ばれる短期留学に行くもの、夏学期に開講される授業を取るもの、免許を取るため車校に通うもの、バイトするもの、はしるもの、およぐもの、とんでくもの、もえてるもの、あさ・ひる・ばんねてるものなどなど……

     

    一方僕は行くか迷っているうちに申し込みの期限が過ぎてしまったため、留学には行かず日本でぬくぬくと(今年の夏はぬくぬくどころではない暑さでしたが)生活していました。

    軽く旅行に行ったり、夜更かしして昼前まで寝たり、一日中家でゴロゴロしたりとぬくぬくなりにも個人的には比較的充実していたとは思います。

    これだけ見るとなかなかひどい生活ですが、こういうのも悪くないですよ。

    もし仮に僕が就職して働かなくてはならなくなった場合、ここまでまとまった暇な時間なんて取れないでしょうからね。

     

     

    僕の夏休みの話なんてどうでもいいです。

    受験生の皆さんはこの夏休みどうでしたか?

    勉強など大変だったとは思いますが、その努力が無駄になることはないです。

    努力が必ず実るとは言いませんが、あと半年ほど粘れば来年には模範的外大生のような充実した、もしくは僕のようにぬくぬくした(ぬくぬくしながらも勉強はちゃんとしようね)夏休みを過ごせるかもしれませんよ。

     

     

    大学に入ってからもいろいろな貴重な経験はできますが、大学受験は基本的には人生で一度しか経験できないものです。

    本番が近づくにつれて不安になるし焦りも出てくるとは思います。

    ですがいずれは終わるものですので、どうかめげずに自分のペースで頑張っていって欲しいと思っています。

    モチベーションを上げるためにも遠すぎない人には五日間のうち一日だけでもいいので是非外語祭に足を運んで欲しいです。

     

    特に面白くもなんともない乱文を最後まで読んでくださった方(々)がいらっしゃいましたら感謝いたします。

     

    写真はこの前外実の合宿に行った時に尾瀬の川辺で見つけた

     

    干からびたバナナの皮です。

    本文とはなんの関係もありませんが、タイトルの伏線回収として。

     

     

    下村 将平(広報局)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    外語祭はFBもやっています!

    Google AdSense

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM