先を見据えて

0

    はじめまして。企画局1年の鶴田です。

    高校生の皆さんはもう夏休みが終わって1か月が経とうとしている(または経った)ことと思います。

    一方外大の方はというと、これを書いている今現在9月26日はまだ夏休みでございます。ゆるいですね、すみません。正直長すぎる夏休みだと思いますが。
     


    さて、このブログを書くにあたってどんなことを書こうかといろいろ考えてたわけですが、大学生活前半いろいろあったので選べないです。思ったことをつらつら書いていこうと思います。

    突然ですが受験生をはじめ、高校生の皆さんは厳しい受験を乗り越えた先にある大学生活では何がしたいですか。勉強、部活・サークル、バイト、遊び、行事に恋愛など様々だと思います。
    僕が今外語祭実行委員会に入っている理由もそうなんですが、僕は大学では行事に対して積極的になろうと考えていました。

    というのも僕は高校3年の10月までサッカー部で活動を続けていました。

    僕の高校の文化祭は6月、最も熱が入る体育祭は夏休みの準備期間を経て9月にあります。

    まずその文化祭の日程とインターハイ予選の日程がかぶり、夏休みは合宿含め練習がほぼ毎日あるので準備にはほとんど参加できず、当日だけ選手権二次予選の日程とはずれたのでなんか参加しましたという状態であまり行事に積極的に関わっていた記憶はありません。

    大学でも部活でサッカーを続けようとも考えていましたがやはり高校時代行事に関われなかったこともあり、この外語祭実行委員会に入りました。(サッカーは大学外で続けています)

    僕は高校時代が上記のようにほとんど部活で埋め尽くされていたようなものなので外語祭には足を運んだことがありません。今年が初めての外語祭です。

    初めてではありますが委員会の仕事をしている傍ら今年の外語祭を想像して「外語祭ってきっと楽しいに違いない」と思うことが多々あります。

    そんな外語祭を作り上げようと一生懸命企画について考えています。そんな外語祭にたくさんの人が足を運んでくれたらなといつも考えています。皆さんもぜひ来てくださいね。
     


    高校を卒業して大学生活を送っている今、受験生活を振り返って見ると受験直前期よりも9月から10月、11月が一番辛い時期だったように思います。おそらくこのブログを読んでくださっている受験生の皆さんも今の時期はとても辛いのではないかと思います。

    勉強が辛くなったときは、その先の大学生活のことを思い浮かべてみてください。きっとやる気も出てくるはずです。そしてその辛い受験生活を乗り越えた先には必ず楽しく充実した大学生活が待っています。
    目の前の事に対して向き合うのは大切なことだと思います。

    ですが少し立ち止まって未来のことを考えながら、目の前の事にとらわれすぎず先を見据えることが受験生活さらには大学生活を送るうえで大切なのではないかという気もします。

    受験生の皆さんの想像する「先」には何が映っているでしょうか。そこに外語祭が映っていたら幸いです。

    最後にこれまでの文章とは一切関係ないですが一番大事なことを書きます。体調にはくれぐれも気を付けてください。油断してると僕みたいにセンター試験5日前に40度の高熱を出しかねませんからね。

    拙文ではありますがこの辺で。受験生の皆さんの事をここ外大で待っています。頑張ってください。
    (写真は合格発表当日に撮ったたふもにゅ。の中見に行った記憶が鮮明に残ってます。)

     

     

    鶴田 拓己(企画局)


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    外語祭はFBもやっています!

    Google AdSense

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM