外語祭まであと3日!会計からメッセージ

0

    今年はこの時期がやってくるのが早いなぁと思う。理想を実現するには時間が足りない。
    1年目も2年目も、いよいよやってきやがったな・・・と万感の思いで時に阿鼻叫喚しながら作業にあたっていたのだけど、
    3年目はもうすぐ現役最後の外語祭が終わるという実感の無いままだ。
    どのようなものにしても最後というものはそういうものなんだろうか。

    これまで様々な辛さや虚しさを経験しながら、
    何とかやりとげてきた仕事と労力に見合うのか自分でもはっきりとは分からない上に必ずしも絶対的であるとは言えない達成感、そしてそこから得られる中途半端な自信、自己認識と向き合いながらやってきたと思う。
    2年半と少し前に何を思ってこの組織に入ったのかはもう思い出せないけど、
    嘘という意味ではなく大義名分として言えば外語祭のため、あるいは外語祭実行委員会という組織のため、しかし究極的には自らの理想を体現するために、
    あらゆることを自分なりに考え、時に同期や後輩に怖がられながらも(まぁ、いろいろ申し訳なかったなあと思っているよ)完璧な業務遂行に向け死力を尽くしてきたということは、他の誰でも無い自分自身が言えることだ。結果がどうだったかはとりあえず別として。
    この組織に属する人はそれぞれがそれぞれの目的を持ってやっているわけだけど、
    自分の場合は恐らく、まさに自分のために、自分で自分の業績を賞賛したいがためにやっていると思うし、多くの人も本当はそうなんじゃないかと思う。違ったらごめんだけど。
    それは自分が一般に言うようなナルシシストであるということでは決してなくて、
    他人からの賞賛なんてものは結局は客観的な業務評価基準の一指標にしかなり得ないし、
    やらなければならないことのキツさが大きければ大きいほど、自分の関わってきたことに対する主観的でかつ絶対的な価値の認定と自信が必要であるということだ。
    そもそもいつ何時どういう状況で、どういうことを思いながらどれくらいの力の入れようで物事に取り組んでいたかなんてことは自分にしか分からないから。
    ある程度の努力をしたという前提の上なら、他人が素晴らしいと言おうが自分がクソだと思えばそれまでで、他人がクソだと言おうが自分が納得した結果であるならばそうなのだ。

    つまるところ、「自分がやってきたこととそれによる結果に満足していますか?」という単純なことで、
    それを常に振り返りながら僕は仕事をしていて、満足できなければダメだということになる。
    「自分が完璧な業務遂行に向け死力を尽くしたと自分で思っている、だけれども結果は理想を体現するというところまではいかなかったかもしれない」
    というのはそうした振り返りを重ねてきた末の主観的な評価と自信の有りようである。
    たぶんダメだと思った時その原因について僕はあれこれ言うだろうけど、結局は自分がダメだったからということに議論は収斂していく。
    それを認識するときは、それはそれで辛いことで、何とも形容し得ぬ虚無感に襲われる。できることなら経験したくないことである。

    しかし、恐らくそれがあったから3年間続けているんだろう。
    何かをダメだと思わなかったら改善しようなどと思わなかっただろうし、ここまでたくさんの、それ自体としては有意義な経験というのは得ようがなかっただろうから。
    もし完璧という理想を実現できてしまっていたら次何をすれば良いのか分からなくなってしまう。その意味で完璧とは絶望である。
    辛いときこそ何で自分はこんなことをやっているのか、まともなことができているのか、何を得ているのかという問いを自身に投げかけ続けてしまうし、自分が出す答えは大概ネガティブなもの・・・というのは、恐らく多くの人が経験することだと思うけど、
    それは至って正常なことで、次の改善につながる1つのモチベーションになり得るかもしれない。
    悲しいことにかよくできていることにか、僕たちはそうして自らを進歩させていくしかない。もちろん全ての人がそうではないだろうけど。

    実際今僕が感じる感情は、理想を実現できなかったかもしれないという虚しさだから、
    それはつまりこれを書いている時点で外語祭開始まで残されているあと1週間で進歩する余地があるということ。
    もしかしたら外語祭が終わったときも同じような思いを抱くかもしれないが、
    それはつまり後輩の皆が外語祭を発展させる余地があるということ。

    すなわちまだ僕も外語祭も自分自身からみたらまだ全然ダメで、それは実は発展途上ということで、素晴らしいことで、
    そうして発展を続けるものはきっと客観的に見れば美しく見える。
    理想が永遠に実現されないことを祈るばかり。

     

    文責:石井暢(会計)


    外語祭まであと6日!野外ステージ局長からメッセージ

    0

      こんにちは!今年度の野外ステージ局長の山本です。
      外語祭まで残すところ、いよいよわずかとなりました。冷たく透き通った空気が肌に触れ、電車の窓いっぱいに太陽の光が射し込み、心地よい風に吹かれると気付いたらあたりは暗く、寒い寒いと騒ぎながらもなんだかんだ楽しそうな友人たちを眺めながら帰途につくこの季節。

      日々準備におわれる外語祭実行委員会の本部員といるときはもちろん、少し校内を歩くだけでも、外語祭に向けての高揚感や緊張感があたり一面に漂っているのが、肌で感じられます。

      わたしは野外ステージ局長を務めていますが、誤解を恐れずに言うと、野外ステージ局長の仕事なんて正直誰でもできます。といってもわたしが全ての局長業務を完璧にこなせているというわけでは決してないのですが、それでも別に、わたしでなくてもよかったんです。
      この1年間、局長として自分にしかできないことを日々模索してきましたが、考えれば考えるほどそんな事を語れるほど大そうな人間ではないということを思い知らされ、いつだって自分の人間としての未熟さに直面しました。
      これは野外ステージ局長として、というより一本部員としての思いに近く、もしかしたら本部員の中にもわたしと似た思いを抱えている人がいるかもしれません。
      それでもいま、こんな誰がやってもよかった、誰もができることに多大なる時間と労力を費やしているわけです。

      「こんなもんでいいっしょ」と妥協したくなるところをあとほんの少しだけ粘り、他にもできることはないか、もっと良いものにならないかと、小さな努力を積み重ねているわけです。

      「なんのためにそんなことやってるの?」
      こう思う方は大勢いそうですが、聞かれてもきっと、すぐには答えられません。
      しかし、こうやって日々苦戦しつつも、本部員のみんなと自分たちなりに試行錯誤を重ね続けると、それはもういつの間にか、わたしたちにしか出来ない外語祭になっているのではないか、わたしにしか出来ないことは特別になくても、いまのわたしたちにしかつくりあげられない第94回外語祭があるんじゃないかと、柄でもなくそんな風に思うのです。

      外語祭はもう、すぐ目の前にあります。お時間があれば、ぜひ足を運んでみてください。そして、円形広場の真ん中に立つ野外ステージをのぞいてみてください。限られた時間の中で、日ごろの努力の成果を存分に発揮する学生たち。そして、そんな学生たちを全力でサポートすべく奮闘する野外ステージ局員。ステージを見守るかのように背景に掲げられる幕は、局員みんなで一から手作りしたものです。
      そんな局員の努力があったからこそ実現可能になる「今のわたしたちにしか出来ない最高の野外ステージ企画。」

      そしてその提供を「自信をもって約束すること。」

      こんなこと、局員の頑張りを知らない限り、だれが出来るでしょうか? これが、1年間局長としてすぐそばで局員をみてきたわたしにしか出来ないことではないかと思うのです。

      文責:山本結衣(野外ステージ局)


      外語祭まであと7日!広報局長からメッセージ

      0

        こんにちは!!!!!!!広報局長の増田です!!!!

        自分で設定した〆切りを破ることに快楽を覚えています。

         

        あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛〜ん
         


        うーん……
        毎年、各局長からのメッセージをお届けするこのカウントダウン企画ですが、メッセージは後にして、この隙に今年の外語祭の宣伝をしますね。

        というのも、この一年いろんなところで外語祭を宣伝してきましたが、
        「今年の」外語祭にスポットライトを浴びせていないな?
        と、自分で反省していたところなのです。

        外語祭は、大学のキャラが決まっているので、どうしても学祭の大枠とコンセプトはひとつになりがちです。
        ここで、過去5年間のキャッチコピーを見てみましょう。

        第90回「パスポートいらずワールドツアー」
        第91回「世界は、思いのほか近い。」
        第92回「世界をつれてきた」
        第93回「あの国も、あの街も、この場所に」
        第94回「キャンパスマップは世界地図」


        うん、どれも覚えやすいし、イメージしやすいし、語調も良いし、外語祭の魅力が十二分に伝わってくる素晴らしいキャッチコピーです。
        でも、言ってることはだいたい一緒なんですよね。
        キャッチコピーは毎年違いますが、テーマは毎年一緒です。


        いや、それでいいんですよ!
        これが外語祭の売りなんですから。
        多様性がありすぎてイメージの湧かない学祭になってしまったり、あまりに普遍的すぎてしまうよりははるかに良いのです。
        ですが、本当に毎年毎年同じことをやっていると、流石に飽きられてしまう。

        本当は、このコンセプトを維持しながら、去年とも来年ともまた違った外語祭を毎年提供するのが理想です。
        これは簡単なことではないと思います。

        しかし、外語祭は毎年毎年、進化しています。
        毎年同じではないのです!

        例えば、今年の外語祭は、
        ・料理店にオセアニア地域が仲間入りします
        ・初めてゲストを呼びます
        ・世界各国の絵本を展示、読み聞かせする企画があります
        ・メニュー一覧が全ページカラー化しています

        等々...

        昨年の外語祭も、初めて大使館の方を招待するなど新しい企画を取り入れて、過去最高の来場者数を記録しています。
        それに、毎年の料理店も、語劇も、企画も、その年ごとに違った面白さを見せてくれます。

        そんな
        「第94回外語祭」に、今年もぜひお越しください。
        来年行けばいいや、ではありません! 今年の外語祭は、去年のものとも来年のものとも別物なんです!

        毎年お越しいただいている方は、「こんなものがあったのか」「これ去年は無かったな」を探してくれると、とても嬉しいです。
        お待ちしております!

        増田修平(広報局長)
        写真は左が第93回、右が第94回です。全然違うね!

         


        本部企画紹介第四弾!!

        0

          おはようございます、こんにちは、こんばんは。

          外語祭実行委員会企画局、スペイン語科2年生の石野田と申します。

          ついに外語祭まで1週間となりました!そしてこのブログでは最後の企画紹介をしたいと思います。
          初めてこのブログを読む人のために本部企画とはなんぞやというおさらいをしていきましょう。

          本部企画とは外語祭の目玉である、1年生が運営する料理店、2年生が演じる語劇と並ぶ、外語祭実行委員会が運営する企画です!

          そしてこのブログでは本部企画の外語祭トラベラー、世界のレシピ帖、わくわく☆抽選会、フィナーレ、花火について紹介していきます。

          まずは
          外語祭トラベラーです。

          日時:全日11:00〜17:00
          場所:研究講義棟1階100講義室前受付


          キャンパス各所に設置されたスタンプを集め、「今日のひとこと」と呼ばれる外語祭実行委員会のみぞ知る秘密の言葉を5つの違う言語で集めると素敵な賞品がもらえちゃうこの企画!

          外語祭実行委員に「今日のひとこと書いてください!」と声をかけるとその人が専攻している言語で書いてくれます。今年の今日のひとことのテーマは、ことわざ、です。勇気を出して外語祭実行委員に声をかけてみてください!
           


          次は世界のレシピ帖です。

          日時:全日 11:00〜17:00
          場所:研究講義棟1階100講義室前にて販売


          1年生が運営する全30店ある自分の専攻語(地域)にちなんだ料理店から1品ずつレシピを集めてこの1冊にまとめました!

          外語祭で味わったあのお店のあの料理をもう一度食べたい…友達に普段食べられないような珍しいご飯をごちそうしたい…

          そんなときにはこのレシピ帖!今年はなんとでさらに見やすく進化しました!外語祭の思い出としてぜひ1冊お持ち帰りください!100講義室前で1部50円で販売します!
          ※おひとり様1点までの購入となっております。あらかじめご了承ください。

           


          さぁこの本部企画も中盤です。お次はわくわく☆抽選会です!

          日時:19日(土)〜22日(火) 10:00〜18:00
             23日(水祝)     10:00〜15:00
          場所:多磨アライバルコート抽選会テント


          料理店、模擬店、屋内企画に投票して外語祭に関するアンケートに協力してもらうとなんと!抽選会のくじが1回引けます!今年も豪華景品を取り揃えてお待ちしてますのでお帰りの際はぜひお立ち寄りください!


           

          そして最後はフィナーレと花火

          日時:23日(水祝) 18:00〜19:10(フィナーレ)
                   19:00打ち上げ(花火)
          場所:野外ステージ(フィナーレ)
             グラウンドにて打ち上げ(花火)


          フィナーレではわくわく☆抽選会で投票していただいたデータを集計して上位入賞した料理店、模擬店、屋内企画、外語祭料理店NO.1メニュー決定戦の表彰を行います!

          そのあとはいよいよ花火です…

          5日間、いやそれ以上の期間をともに駆け抜けた料理店、語劇、外語祭実行委員会、大学関係者のみなさまと一緒に晩秋の夜空にきらめく花火を見て、私たちのフィナーレを飾りましょう!!
           


          長くなりましたが最後まで読んでいただきありがとうございました。5日間という他の大学と比べて長く開催される外語祭ですが5日間、毎日来ても違った楽しみ方ができるのが外語祭です!

          友達、家族、恋人…誰と来ても楽しめます!私たち外大生と一緒に外語祭を隅々まで楽しみましょう!!

           

          文責:石野田(企画局)


          外語祭まであと8日!企画局長からメッセージ

          0

            ここで文章を書くのも3度目だなあ、と振り返っていたらふと気づいた、
            1度目:1週間の遅刻をした上謎の自分語りに尽きる
            2度目:本部企画紹介をするだけなのに同じく遅刻
            3度目:言わずもがな

            こんなのが「局長」というものをやって、やれ〆切だ〆切だと騒いでいるのは本当にどういうことだろう。
            同期や後輩には感謝しかない。

            「オープニング」から「フィナーレ」そして最後の「花火」まで、実行委員が主催する数々の企画を
            「本部企画」という。
            企画局の仕事としてよく言われるのは、「来場者が楽しめる本部企画」をつくること。
            去年思いついた私の考えは、「来場者、出場者、(シフトに入る)本部員、そして何より担当する企画局員みんなが楽しめる本部企画」をつくること。
            担当者が楽しめない企画を、シフトに入る本部員が楽しめるのか。
            本部員が楽しめない企画を、お客さんが楽しめるのか。
            そんなことを思いながら、日々着々と準備が進んでいく企画を楽しく見ている。

            企画局というのは不思議なもので、
            あれば外語祭がより華やかになりお客さんの幅も広げることが出来て、
            しかしなくても外語祭の幹の部分は成り立ってしまう、
            そんな危うい立場にある「本部企画」を、時に手を抜き、時に必死になって企画運営する局。


            なくてもお祭りが成り立つ、けれどもないとなんとなく寂しい、そんな企画が今年は
            19企画もある。
            どれもこれも、「外国語大学」の色が前面に出ている個性豊かな素敵企画ばかり。
            野外ステージ局がつくるオープニング、そして企画局13人(と留学組2人)が半年以上かけて作り上げた企画たちを、自信と誇りを持ってお勧めしたい。


            実行委員会本部はごった返し、外からはペンキや木材の匂いとギコギコ、トンテンカンテンという音。
            そんなものを感じていると一週間後に迫った外語祭がとてつもなく楽しみで、少しは不安で、そこはかとなく、寂しい。

            新企画を2つも持たせてもらって、うきうきしていた気持ちとは裏腹に先輩に迷惑をかけっぱなしだった1年生のとき。
            折角の素敵な企画をもっと面白く、楽しくしようと意気込んで、結局あまり成果が出せず後輩に申し訳ない思いでいた2年生のとき。
            今年はどうだろう、あまり変わっていないのかもしれない。

            この一週間で、お客様によりよい企画を届けるために、あと何ができるだろうか。

            是非、楽しみにして外語祭へ足を運んでほしいと思う。


            ちょっとかっこつけたかな
            文責:高橋あかり(企画局)


            本部企画紹介第三弾!!

            0

              こんにちは、こんばんは、そしてもしかしておはようございます。
              こんな形でスタッフブログが巡ってくるとは思ってもなかった企画局2年生北村です。


              本部企画紹介第三弾の今回は、だいたい舞台系一日企画をお送りします。
              毎日やっている企画ではないので、見逃さないように、目をお皿の様にして読んでくださいね!

              【オープニング】
              11月19日(土) 10:55〜
              円形広場特設野外ステージ上

               

              外語祭の始まりを飾る企画。カウントダウンやサークルのパフォーマンスなど楽しい催し物が目白押し!

              副学長のご挨拶や語劇団体の宣伝もあります!これから5日間様々なパフォーマンスの舞台となる野外ステージのトップバッター企画で、外語祭の幕開けを一緒に見届けよう!



              【「世界を聞こう。」日替わり講演会】
              11月19日(土)13:00〜14:00、15:00〜16:00
                 20日(日)13:00〜14:00、15:00〜16:00
              研究講義棟1階102講義室


              どちらかといえばいつも国際社会学部の先生がいらしていたイメージの講演会も、今年はリニューアル!

              今年は言語の最先端を研究する教授をお呼びして、中国・フランス・アフリカ・アラビアのことばたちが織り成す世界を見つめなおします。私たちのなかにある「ことば」とはいったい何者なのか。何気なく使っているそれらを見直すきっかけに、足を運んでみませんか。

              外大の教授方をお呼びして行う例年大人気のこの企画。専門的な話に興味がある方も、どんな話をするのか気になる方も大歓迎!

              お話上手の教授方の話に飲み込まれちゃわないように、メモとペンを忘れないでくださいね!

               


               

              【ダンスフェスティバル】
              11月21日(月)12:00〜16:00
              研究講義棟1階101講義室マルチメディア・ホール


              世界各国の舞踊の踊り手が101教室に集結。

              灼熱の砂漠の舞踊が、常夏の海の舞踊が、熱いまなざしで見つめられ、幾年も続いてきた踊りが、花開く瞬間をその目に焼き付けませんか?きっと忘れられない、瞳の奥の強烈な思い出になること間違いなしです。

              全9団体、こんなにいろんな舞踊を見られるのは外大ならでは。21日にお越しの皆さんは一度ご観覧ください。入退場は自由ですよ!

               


              タイムテーブルは以下の通りです。

              【前半】
              開場11:30
              開演12:00

              12:00〜12:15 朝鮮舞踊部
              12:25〜12:35 ベトナム舞踊同好会
              12:45〜13:00 ポンダンスサークル Amity
              13:10〜13:25 カタック同好会
              13:35〜13:50 インドネシア舞踊部
              13:55〜14:20 前半団体メドレー

              【後半】
              開場14:25
              開演14:50

              14:50〜15:05 ストリートダンス部 Quattro
              15:15〜15:30 フィリピン舞踊部
              15:40〜15:55 フラ・タヒチアンダンス部 Welina!
              16:05〜16:20 ベリーダンス
              16:25〜16:55   後半団体メドレー

               


              【たふりんぴっく】
              11月19日(土)14:00〜15:30
              野外ステージ上にて


              外大で一番を決める戦いがここにはじまる…!

              選ばれた勇気あるメンバーが集うチームでこの大学で一番を目指そう!ミニゲームやクイズ、様々な難問を勝ち抜いたチームには栄誉や豪華な賞品が待っているぞ…!

              昨年までの企画「外大の星決定戦!」を完全リニューアルした企画。現在結構なチームが応募してきてくれています。もしかしてあなたの知り合いも出てるかも?彼らの活躍をあなたの声援で支えてあげましょう!野外ステージの観覧席から、勇姿を見守ってください。



              【ゲスト企画】
              外大生が将来活躍する分野のパイオニアであるゲストをお呼びして、大々的な講演会を行うゲスト企画。

              なんと今年度のゲストは、「ハリー・ポッター」シリーズで有名な松岡・ハリス・裕子様です!

              現在ご活躍されている翻訳業だけでなく、通訳もされていたという松岡様。

              ハリー・ポッターシリーズのファンの多い外大生なら聞きたくなるような話の宝庫を覗きに行きましょう。

              タイトルは「ハリー・ポッターの翻訳地図」。メモとペン、そして魔法の準備を忘れずに!

              外語祭の本部企画、今年の大目玉といえば、このゲスト企画。最新作もそろそろ発表され(これを書いているのは10月半ばです)いよいよ注目の集まる松岡様にお話を伺えるのは貴重な機会ですよ!行かなきゃ絶対に損です(確信)。

               


              以上、私の担当の企画でした。少しでも楽しそうと思っていただけたならうれしいです。
              いつ来るかも迷ってるなぁ、なんて方はめぼしい一日企画のある日に来るというのもいいと思います。
              外語祭は私が紹介しただけでなく、ほかにも多くの楽しい企画で皆様方をお待ちしております。その他の企画はぜひ私の友達たちのブログを参考にしてください!

              ではでは長々と失礼しました。
              本部企画で皆様とお会いできることを楽しみにして、パソコンをカタカタする手を休ませてあげようと思います。

               

              文責:北村(企画局)


              外語祭まであと10日!語劇局長からメッセージ

              0

                外語祭までの残り日数も、もう両手の指で足りる時期になりました。
                クリスマスのプレゼントに計画性をお願いし続けて早数年、このスタッフブログも締め切り破ってます。どうも、外語祭実行委員会語劇局長 今田です。

                最近、ぐっと冷え込みましたね。キャンパスには色を変えた木々と遅くまで準備に勤しむ学生の姿が見られるようになり、外語祭が近づくのを肌で感じます。
                なぜ外語祭実行委員会に入ったのか、3年目の今となっては理由もよく思い出せないのですが、この時期になると感じる高揚感は理由なんて何でもいいけど入ってよかったな〜と思わせてくれます。

                さて、私は去年の終わりに二十歳を迎えましたが、この年になってみて思うのが、好きなものが増えていくと同時に「そうでないもの」も増えていくということです。結局は好きなものが自分を生かすのだと思えば母数は多い方がいいのかもしれませんが、好き嫌いの折り合いをつけるのは難しいですね。
                朝起きて、冷たい足を布団から引っ張り出すのは嫌いだけれど、冷えた空気を肺いっぱいに吸い込むのは好き。朝から夜まで大学にいるのは嫌いだけれど、人気のないキャンパスで鼻歌を歌いながら自転車を漕ぐのは好き。毎日パソコンとにらめっこするのは嫌いだけれど、作業の合間に自販機の前で飲み物を選びながら交わす、友達とのたわいない会話は好き。
                日々、好きと嫌いの間を行ったり来たりしながら過ごしています。

                外語祭の準備をしていて嫌気がさす時も、少なくありません。最近ではくたびれることの方がだいぶ多いくらいかもしれません。
                「コンタクトを外さずフローリングで布団もかけずに寝落ちし、午前3時に寒さで目を覚ます選手権」があったら1位になれる自信があります(ないけど)

                でも、結局は好きになっちゃった方が負けなんです。
                外語祭期間中のあのきらきらしたキャンパスを見たら、何度だって絆されてしまうんだから。ダメな恋をしちゃったなぁとか、阿呆らしいけれどそんな風に思います。

                そして、どうせだからみなさんも道連れにしたいです。外語祭に恋して欲しいです。
                料理店や模擬店に貢ぎ、語劇のためにアゴラに並んで、サークル発表とさまざまな企画のために講義棟を駆け回り、外の寒さも忘れる野外ステージを見て欲しいです。東京の外れ、近くに何にもない田舎のキャンパスだけれど、この5日間は新たな出会いで溢れています。

                私が語劇に惹かれたのは、幕が開いてから閉じるまで、たった1回きりのその公演に想いを込めた学生たちの姿が格好よかったから。
                94回外語祭も同じ。たった1回きりのこの外語祭に全力を注いで、関わる人すべてに最高の学園祭をお披露目したいと、そう思っています。

                キャンパスでお会いできるまで、あと少し。アゴラでみなさんのお越しをお待ちしております。


                文責:今田詩衣香(語劇局長)


                Last Spurt!!

                0

                  Merhaba! こんにちは!
                  語劇局1年、トルコ語専攻の善方由美子です。

                  いよいよ外語祭が近づき、料理店や語劇、その他企画も本番に向けてラストスパートをかけています!
                  受験生の皆さんは、「センター試験まで○○日!」というカウントダウンを受けて、いよいよだなぁ…と思い始めた頃でしょうか。
                  今日は、そんな皆さんを微力ながら支えるべく、昨年の記憶を思い出しながら先輩面でアドバイスでもしてみようかと思います。
                  ここ最近高校の後輩から受けた質問に答えつつ、ダレトク!(ダレかのトクになって欲しい!)情報をどうぞ!


                  ダレトク情報その1: 過去問
                  過去問をいつから、どれくらい解けばいいのか…受験生なら誰もが1度は抱く疑問。私の場合、外大の過去問を解き始めたのは実はセンター試験後です。
                  というのも、外大はセンター試験の比重が大きく、センター試験に命を懸けていたから。センター試験の過去問は、10月から始めて10年分×2周しました。
                  センター試験後は、外大の過去問を5年分×2周。少なっっっ!と感じるかもしれませんが、過去問は解き直しが重要。
                  「過去問はその大学の教授からのメッセージ。真摯に向き合いなさい。」というのは、恩師の受け売り。とってもかっこいいでしょ?


                  ダレトク情報その2: リフレッシュ方法
                  受験生といえど、リフレッシュは大切!でも、単に休むだけでは時間を無駄にしてしまった…と罪悪感が。
                  そこで外大を目指す受験生にオススメなのが、お風呂で大学案内を読むことです!
                  温かい湯船につかって身体を休めながらアドミッションポリシーや言語紹介を見ていると、自分が外大生になったイメージ像を思い描くことができ、モチベーションアップ間違いなしです!


                  ダレトク情報その3: Last Spurt
                  最後に、最も衝撃的だった質問とその答え、そして皆さんへのメッセージを。

                  「先輩、いつから本気出せばいいですか?」

                  「…出せるならさっさと出しなよ。」

                  ちなみに、私が本気を出したのは12月からです。体調管理に気をつけて最後まで頑張ってくださいね!

                   

                  善方由美子(語劇局)


                  本部企画紹介第二弾!!

                  0

                    『外語祭に夢中!』担当の下村です。こんにちは。

                    少しだけ間が空いてしまいましたが、今回はみなさんお待ちかね、本部企画紹介第二弾です!!

                    そしてこの本部企画紹介は第四弾まであるのですが、これ以降は僕のあいさつは挟まずに企画局の方々からのメッセージを読んでいただきたいと思います。

                    ここで変に存在感をアピールする必要はないですからね!それでは!

                     

                     

                    皆さんこんにちは!
                    先週に引き続き今回も本部企画の紹介をしていきます!
                    今回ご紹介するのは、高校生ー特に受験生向けの企画です。
                    皆さんぜひご両親やお友達と一緒に外語祭に来てくださいね!一人で来てもきっと楽しめる企画となっております!^^ 

                    それでは、本部企画紹介第2弾! ぜひ最後までお読みください。


                    【たふぺでぃあ】
                    日時:11月20日(日)以降  10:00〜17:00(展示)  11:00〜17:00(相談)
                    場所:研究講義棟1階108講義室


                    受験生にぜひオススメしたい企画No.1!
                    「たふぺでぃあ」では、皆さんが外大の先輩に相談できるコーナーがあります。
                    「勉強の仕方が分かりません…」や「どの語科に入ろうか迷ってます」などなど悩みや疑問などを先輩に聞かせてください!相談に乗ります!

                    また展示もたくさんご用意しております!外大のウィキペディアのように、受験に関すること、外大のことや外大生の生活、色んな情報をまとめました!外大生が受験に使っていた参考書や今大学で使っているプリント・教科書などの展示も行っております。

                    そして、なんと!遊びに来てくれた人にはプレゼントがありますよ☆(数に限りがあります)
                    一人で来るのもよし!ご両親とともに来るのもよし!友達と一緒に相談に来るのも良し!
                    外大生の先輩と一緒に話してみませんか??

                     


                     

                    【受験生応援冊子「たふまにゅ」】
                    日時:全日11:00〜17:00    
                    場所:研究講義棟1階ガレリア内108講義室前


                    「たふまにゅ」とは、私たち外語祭実行委員会の企画局が高校生、特に受験生の皆さんのために作成した受験生応援冊子です。
                    現役外大生たちが外大生になるために実践した受験勉強方法や、今の外大生活のこと、各語科の紹介や留学体験記などなど…
                    この一冊には受験に役立つ情報がぎゅーっと詰まっています。

                    外大に入りたいなと思っている人は必見!!!☆
                    勉強に疲れたときや悩んだときに「たふまにゅ」が皆さんの励みになれればなと思い、みんなで心を込めて作りました!
                    皆さんブースに行って一冊ゲットしよう!

                     


                     


                    【たふとーーく!〜外大生、しゃべります〜】
                    日時:11月19日(土)、 20日(日)、23日(水祝)  
                       12:30-13:30     14:00-15:00     15:30-16:30    
                    場所:研究講義棟2階219講義室


                    外大生の生の声が聞けるとても貴重?な企画!!!
                    受験勉強、英語の対策方法、留学のことなどなど皆さんの気になる話題をたくさんご用意しております♪
                    外大の留学生の皆さんや、海外に行っている先輩たちの貴重なお話しも聞けちゃうんです!
                    トークのあとは、質問タイムがあるのでさらに聞きたいことや疑問に思ったことがあれば聞いてくださいね。外大生が全部お答えします!

                    トークショーのスケジュールは以下の通りです。

                    19日(土)
                    12:30-13:30ー受験勉強 
                    14:00-15:00ー留学先から生中継! ✈
                    15:30-16-30ー英語レベれる別対策 

                    20日(日)
                    12:30-13:30ー受験勉強 
                    14:00-15:00ー留学生トーク 
                    15:30-16-30ー小×中×大語科 

                    23日(水・祝)
                    12:30-13:30ー受験勉強 
                    14:00-15:00ー前期×後期×浪人合格者 ★
                    15:30-16-30ー留学体験談 


                    気になるテーマを見つけぜひ聞きに来てくださいね!

                     

                    【キャンパスツアー】
                    日時:19日(土)
                    場所:研究講義棟1階100講義室前受付


                    毎年人気企画!
                    現役外大生がツアーコンダクターとなり、東京外国語大学のキャンパス内を思い出と共にご案内致します。
                    受験生は、自分が外大生になったら「ここでランチ食べたいな」とか「あそこで課題やりたい!」と、大学生のシミュレーションが出来ちゃいます♪
                    そしてあの人気ドラマの撮影に使われた場所も教えてもらえるかも?

                    受験生はもちろんのこと、学校や塾の先生、一般の方、どなたでも大歓迎です!
                    皆さんぜひ一緒にキャンパス内を回りましょう!

                     

                     



                    ※当日は整理券をお配りいたします。整理券をお持ちになって受付にお越しください。なお、整理券の枚数には限りがございます。予めご了承ください。

                     

                    文責:木村(企画局)


                    おはよう日本!

                    0

                      Dobrý den! こんにちは!
                      チェコ語専攻 渉外局2年の吉村です。

                      寒くなってきましたね〜
                      だんだん朝起きるのが辛くなってきます。布団からでたくない…笑

                      皆さんはいつも何時に起きますか?
                      私は実家暮らしで神奈川から通っているので、
                      1限の日は5:30起き2限の日は7:00起きです。最初のころは5:30起きなんて無理!って思っていましたが、慣れてくるもんです。

                      さて、先日のことですが、パッと目が覚めて時計を見ると、朝5:00でした。お休みの日だったので2度寝しても良かったのですが、早起きは三文の得ということで せっかくだから
                      築地に行って朝ごはんに海鮮丼を食べよう!と思いつき、1人で行ってきました笑

                      朝早かったので観光客は少なかったですが、美味しい海鮮丼を食べて、活気ある市場を見て(すごかったです!)、お店の優しいおばちゃんとおしゃべりして…
                      あらためて、なんか日本っていいなって思いました。
                      外大生はグローバルなのでよく海外旅行に行きますが、たまには日本旅行もいいですよね。素敵なところたくさんあるなって思います。
                      大学生だから車の免許もあるし、今年の冬は友達と車でちょっと遠くまで旅行してみたいな〜なんて。(私は運転苦手なので誰か乗せてください笑)

                      外大の長い長い夏休みと春休みを利用して、国内外とにかくいろんなことろに行ってみたい!
                      皆さんもぜひ外語祭で、日本を含めた世界中の国に旅行した気分を味わってください〜

                      さて最後になりましたが、受験生の皆さん。夜はしっかり寝て、朝はちゃんと起きて、風邪をひかないように気をつけてくださいね。
                      応援しています!



                      吉村 奈都子(渉外局)
                      本当は築地の海鮮丼の写真を載せたかったのですが、撮り忘れてしまったので北海道旅行したときの写真を載せます

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>

                      外語祭はFBもやっています!

                      Google AdSense

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM