人数チェックって意外と大切なんです

0

    こんにちは。 
    広報局3年、外国語学部中国語専攻の石山真澄です。 
    ブログの記事を書かせてもらうのも今年で最後。
    今回は、昨年の外語祭での個人的な思い出についてちょっとお話ししたいと思います。 

    ――― 
    私はあの日、外語祭の案内所で受付をしていました。 

    平日の夕方、人通りも少なくなるころ。 
    1人の会社員風の男性が案内所へやってきました。 

    「すみません、外語祭のパンフレットってまだ売ってます?」 

    おっと。 
    私はこう答えるしかありませんでした。 

    「申し訳ありません、大好評で本日はすべて売れてしまいまして…」 

    パンフレットの売り切れに備えて用意していた簡易マップを差し出しましたが、
    男性の表情は晴れません。 
    彼は肩を落としてこう言いました。 

    「残念だなあ、子供に買っていってやりたかったんだけど… 
    受験生でね、外大を受ける予定なんだよ」 

    地方に住んでいるから本人は外語祭には来られない。
    仕事で自分が東京に来ていたからついでにこちらに寄ってみた。
    お土産に、外語祭の様子がわかるパンフレットを買って帰りたかった。

    男性の話をまとめるとそういうことのようでした。
    お子さんの受験の成功をお祈りしていますとお伝えすると、
    男性は笑顔を取り戻してくれました。
    しかし、スーツケースをひいて帰っていく彼の姿を見送りながら私は、
    悔しい思いを噛み締めていました。

    「あともう少し多くパンフレットを用意していたら...」
    ―――

    あの日から、もうすぐ1年がたとうとしています。 

    欲しいと言ってくださるお客様に確実に行き渡り、それでいて余りも出ない。 
    そんなパンフレットの数をたたき出すために、まず必要なことがあります。

    それは、データ収集です。 

    お客様は平日何人いらっしゃるのか?休日は?
    天気が悪いと来場者数はどれだけ減ってしまうのか?
    気温はどれだけ関係してくるのか?
    パンフレットの売れ行きや来場者数は時間帯によってどう変化するのか?

    …これらは簡単な記録をつけさえすれば集められる基本的な情報ではありますが、
    5年、10年と積み重ねていけばきっと、
    パンフレット部数の予測に役立つような立派なデータになるはずです。
    例えばカウンターのボタンをかちかち押してお客様を数えていくだけの仕事が、
    もしかしたら遠い未来の受験生の笑顔につながったりする、かもしれない。

    そんなことを考えて気合いを入れ直しつつ、今日も外語祭に向けて準備を進めています。
    カウンターを押す指が追い付かなくなるくらい、
    多くのお客様に外語祭へお越しいただけますように。





    文責:石山真澄(広報局)


    ===


    ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
    ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    今、外語祭実行委員会では、
    インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

    その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
    その2.ベストオブ学園祭2013
    その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

    どのコンテストも、twitterの拡散数や、
    サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
    そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
    1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
    あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
    以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

    その1.SNS応援団コンテスト

    その2.ベストオブ学園祭2013

    その3.全国学園祭マスコット総選挙


    みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
    ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
    ぜひ、クリックをお願いします★☆
     


    文責:宇野唯(広報局)



    「パンフ三年物語」

    0

      今からおよそ二年半ほど前。
      桜舞い散る四月の頃、
      死んだ魚のような目をした一人の女子生徒が外語祭実行委員会に入会しました。
      私です。

      外語祭を訪れたこともなければ学園祭の実行委員をやった経験もない私が、
      なぜそれまで縁もゆかりもなかった外語祭実行委員会に入会したのか。
      その最も大きな理由はこれでした。

      「外語祭実行委員会広報局ではパンフレット編集の仕事ができる」

      一冊の本の形となるものの編集が一から体験できる。
      「編集」という仕事に強い興味と憧れを抱いていた私はその言葉に飛びつき、
      外語祭実行委員会広報局の仲間入りを果たしました。
      それから長い長い修行の日々が始まったのです。

      外語祭パンフレットの編集作業は、
      イラストレーターというソフトを用いて全て自分達の手で行います。
      このイラストレーター、通称イラレは、
      パソコンで絵を描いたりデザインを作ったりなんてことを始めてやる人は、
      慣れるまでなかなか扱いに苦戦します。
      今まで紙にペンで落書きすることしか知らなかった私は、
      突然現れたハイテクすぎる相棒にビビりました。
      なんだこれ全然わからん。わからんけどやるしかない。
      文字が打てない。なんでだ。データ消える。なんでだ。

      幾度かの発狂を経て、やっとこさガッタガタのデータを完成させ、
      薄っぺらい達成感に浸っていた私を待っていたのは「赤入れ」と呼ばれる作業でした。
      「赤入れ」とは、簡単にいえば作ったデータに間違いがないか、
      デザインなどに不備がないかをチェックして訂正と修正を繰り返すという、
      パンフレットのような発行物には欠かせないとても大切な作業です。
      この赤入れ作業、当時一年生だった私にとっては、
      よくわからない上に苦痛を伴う作業でした。
      自分の目にはどこがまずいのか、どこが間違っているのか全くわからない。
      それでも毎日間違いやデザインの不備が発見され、そのたび修正し、
      けれどその翌日にはまた大量に訂正が入り、修正し、訂正され………
      なんだこれ…終わりが見えねえよ…

      そしてやっと赤入れ期間が終わり、いつの間にかパンフレットのデータは入稿され、
      全く大した仕事をやっていないにも関わらず私は悦に入っていました。
      自分がどんなに愚かで未熟であったかにも気づかずに。

      そんな自己満足に浸っていた私の目を覚ますきっかけとなった出来事が起こりました。
      本学では外語祭の一週間ほど前に、
      学内生向けに一足早くパンフレットを配布することになっているのですが、
      学内配布の仕事のシフトを終えた先輩が傷ついた面持ちで帰ってきました。
      とある学内生にパンフを一部手渡した後、こんな言葉をかけられたそうです。

      「こんなのに100円も出すの?」

      外語祭パンフレットは毎年、一部100円で販売しています。
      外語祭費を納めていらっしゃる学内生の方には無料で配布していますが、
      基本的にはお金をいただくものなのです。
      けれど、「こんなもの100円の価値すらない」と言われてしまった。
      先輩はもちろんとても傷ついていました。
      大好きな尊敬する先輩がうなだれる姿を見て、私は怒りました。
      ふざけるな。どれだけ頑張って作ったと思ってるんだ、と。

      けれどしばらく経って落ち着くと、頭の片隅では冷静にこう考えていました。

      その人が正しいんじゃないか?
      果たして自分は、自分達は、
      人にお金を出して買っていただくものを作るのだという意識で仕事に取り組んだか?
      技術不足を言い訳に、ないがしろにした部分がどれだけあった?

      他人に頭から冷や水を浴びせられたこの出来事が、
      私にとって大きな転機となったのです。

      二年目の春。
      たくさんの後輩が仲間入りしました。
      任せられる仕事も増え、イラレとも少しずつ歩み寄り、
      私は広報局での編集の仕事にますます魅力を感じるようになりました。

      今年はなんとしても去年よりいいものにする。
      もう絶対あんなこと言わせない。
      その思いを糧にがんばってがんばって、
      そうして出来上がったパンフレットを手にとったときの喜びは、
      一年生のときよりもはるかに大きなものでした。

      けれど、けして満足はしていませんでした。

      昨年よりは、少なくとも自分が担当したページはたしかに良くなった。
      けれどまだだ。まだ足りない。まだこのパンフレットはいいものになるはず。
      委員会内からもパンフのデザインや内容に関するシビアな意見や要望が寄せられました。
      そのひとつひとつを真摯に受け止めるとともに、私はある誓いをたてました。

      現役最後となる来年、私は外語祭パンフレットに革命を起こしてやる。

      そして三年目の春。
      私は編集長になりました。パンフレット制作の最高責任者です。

      一緒に広報局を率いていく同期もみんな情熱があって頼もしい人ばかり。
      後輩もさらに増えたことで挑戦の幅も広がりました。
      いける。この代なら、きっと今までできなかったようなことがたくさんできるはず。

      準備段階からページ作成期間に至るまで、私たちは
      「いかにして“読みもの”としてのパンフの価値を上げるか」をひたすら考え、
      悩み、交渉し、意見を戦わせました。

      ただ地図や企画の紹介が載っているだけじゃない、
      魅力的な読みものにするにはどうしたらいい?何を求められてる?
      どうしたら来場者の方にとってわかりやすいものになる?
      「なんとなく」で作っちゃだめだ。ていうか見やすいデザインってなに?
      おしゃれなレイアウトってなに?フォントの使い分けは?
      もうわからん、くやしい、才能が欲しい… 

      しっくりくるデザインやレイアウトが思いつかず、
      悩み過ぎてパソコンの前で動けなくなることが日常茶飯事でした。
      けれどひとしきりもがいたあとにひらめき、
      ページ作成に没頭しているときは本当に幸せでした。
      完成を待ち遠しく思いながら、この瞬間が永遠に続けばいいのにとさえ思いました。
      自分以外の編集担当者が作ったページにも、
      少しでも見にくい・わかりにくい・なんかダサいと思えば局長と共に容赦なくメスを入れました。
      まだデータ作りに慣れていない後輩たちは二年前の私そのもの。
      けれど技術不足を言い訳にしてはいけない。妥協はこの子たちのためにならない。

      足掻いて、悩んで、夢中になって、
      そうして今年の外語祭パンフレットはできあがりました。

      「革命を起こす」という誓いの通り、
      今年のパンフレットにはさまざまな「はじめての試み」がちりばめられています。
      例年パンフレットを手に取っていらっしゃる方には、
      きっと違いが一目でわかっていただけるはずです。
      多くの方にとってはなんでもない変化かもしれませんが、
      私たちにとってはどれも「どうしたらもっと有益なものになるか」「どうしたらもっと面白くなるか」を考えながら踏み出した大きな一歩です。

      私は自分たちの努力の結晶を誇りに思います。
      けれどとても満足はしていません。
      入稿が終わったそのときも、正直後悔ばかりが頭をよぎりました。

      もっとページをうまく使えばよかった。
      もっとあそこのデザインを妥協しなければよかった。
      もっと悩めばよかった。
      もっと苦しめばよかった。
      もっと私に才能があればよかったのに。

      二年前、当時の外語祭パンフレットに100円を出すことを渋っていたあの人が、
      今年のパンフレットを見たらなんて言うでしょうか。

      「すごい!変わったね!」と褒めてくれるでしょうか。
      「所詮素人が作ったもんなんだからお金なんて出したくない」と言うでしょうか。

      私にとっては後者の方がありがたいです。

      不満に思うことがあるなら、遠慮なく口に出してもらったほうがいい。
      二年前のあの人のように、こんなものに金なんか払いたくないと、
      そう思うならどうか私の目の前で声に出して言ってくれと思います。

      当然私はへこみます。悲しみます。反省します。
      きっと二年前の先輩のように、深くうなだれることでしょう。

      けれどそんな私の姿を、二年前の私がそうであったように、
      後輩たちが来年、再来年へのやる気につなげてくれるなら。
      そうやって、もっと、もっと、我が愛すべき外語祭パンフレットが進化を遂げていくのなら。私にとっては本望です。

      今年の外語祭パンフレットが世に出されるまであとわずか。
      この印刷物の真の価値は、どうぞ皆さんが決めてください。





      文責:大江智子(広報局)


      ===


      ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
      ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

      今、外語祭実行委員会では、
      インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

      その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
      その2.ベストオブ学園祭2013
      その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

      どのコンテストも、twitterの拡散数や、
      サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
      そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
      1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
      あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
      以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

      その1.SNS応援団コンテスト

      その2.ベストオブ学園祭2013

      その3.全国学園祭マスコット総選挙

      みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
      ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
      ぜひ、クリックをお願いします★☆
       


      文責:宇野唯(広報局)



      「明日の予定」

      0

        こんにちは!
        外語祭実行委員会語劇局の泉栄です。
        あ、英語科です。

        スタッフブログを書くのも今年で最後です。が…
        1年生のためになる面白い記事の後に、何を書いていいかわかりません(笑)
        というわけで、個人的な明日の予定について話します。

        (これを書いているのが金曜の夜なので)<明日・土曜日の予定>

        午前6時  起床(目覚まし音はいきものがかり)
          7時  学校のホールへ向かう(埼京線の新型車両をねらう)
          8時半 ホールの鍵を開ける(プロメテウスホールという誰も呼ばないが立派な名称)
          14時半 ホールから出る(6時間ぶりの日光)
          ・
          ・
          ・
        実は今日取り上げたかったのは「密着!泉栄24時」ではなく、
        「密着!語劇局員ホール常駐」でした…
        すいません、私がいきものがかりで起きてるとかどうでもいいですよね。

        さて、外語祭の目玉のひとつである語劇ですが、
        すでに9月下旬からは当日会場となるホールでの練習が始まっています。
        それをホールの後方から見守り、
        いつでも音響や照明機材のお手伝いにかけつけるのが語劇局員の常駐という仕事です。
        9月から平日は放課後、休日は朝から晩まで、語劇局員が当番制で常駐を続けています。

        朝が苦手な私は、そろそろ家の玄関とホールの扉が繋がらないかな・・とか考えながら、
        しかしまだそんな変化は起こる気配すらないので、
        目が半分閉じた状態のまま、電車を乗り継いでいます。
        もともと目が細いので、他人からは閉じたまま歩いてるように見えるのはもう仕方ありません。

        ここまで読むとなんだか辛いだけの仕事のように見えますが、
        なんといっても、常駐するうちに27の言語による語劇が味わえちゃうので
        私にとっては、毎回わくわくでおいしい仕事です!
        それぞれの言語の雰囲気、衣装、歌やダンスがとっても素敵なんです。

        ここで!これを読んでくれている外大志望の高校生に!おすすめ!したいのが、
        自分が勉強したいと思っている言語や気になっている言語の語劇を、ぜひとも見に来てください。
        私はこれまで常駐しながらかなりたくさんの言語を聞いて、
        あの語科受験したかったな・・・とか、副専攻語でこの言語やり直そうかな・・・なんて、
        思ったりしてきました。

        今年は11月20日(水)〜24日(日)に、お待ちしています!


        そして今年語劇を見てくれた高校生のみなさんが実際に語劇を演じる日や、
        もしかしたらスタッフブログを書いたり、朝イチ常駐なんかする日を夢見ながら。

        まずは明日、6時に起きられますように…。
        おやすみなさい!





        文責:泉栄成美(語劇局)


        ===


        ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        □┃ 「外語祭タイムズ」発行中! (´ω`*)
        ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

        外語祭の"あんなこと・こんなこと"がいっぱいつまった、
        無料ウェブマガジン「外語祭タイムズ」を毎週発行中!

        第1号は外語祭全料理店団体総特集です♪ヽ(〃v〃)ノ 
           ↓↓
        外語祭タイムズ(リンク)



        文責:宇野唯(広報局)
         


        きっと、うまくいく

        0
          こんにちは。語劇局1年、言語文化学部スペイン語科の新谷です。
          にいや、って読んでくださいね。

          日が暮れるのが早くなってきましたね。
          夏が終わり、秋が始まるこの季節になると、なんだかしみじみとしてきます。
          去年の今ごろや地元の高校の先生や友人たちが少し懐かしいです。

          受験生の皆さんはお元気ですか?今の時期は大変ですよね…。
          僕は泣きそうになりながら日々センター試験の数学と戦っていた記憶があります。
          毎日毎日机に向かっていると、なんで自分は勉強してるんだろう、
          とか余計なこと考えちゃって不安になってました。
          そんなときは初心に帰って、なぜ外大に行きたいのかを考えるようにしました。

          なぜ僕が外大を志望したかというと、映画が好きだからです。
          特にヨーロッパの映画が好きです。
          外国の渋いおじさんや美しい女優さんが全然わからない異国の言葉を話してるのをているうちに、
          その言語や映画の舞台に惹かれるようになっていきました。
          そのなかでもとりわけスペインの映画が好きで、
          このスペイン語を理解し話せたらどんなに素晴らしいだろうと思って志望しました。
          外国語って綺麗ですよね。また東京は映画館の数がとても多いのでそこも魅力的でした。新宿の映画館は巨大ですし、渋谷の映画館の美しさは芸術的です。

          というわけで僕は迷ったり、くよくよしてるときは
          部屋を真っ暗にしてスペイン映画を観て初心とやる気を取り戻していました。
          みなさんも不安な時は初心を思い出してみるといいかもしれません。
          自分の志望する言語の映画を観たり、歌を聴くのもおすすめします。

          はなしは変わるんですけど、外大に来て良かったなぁと思ってます。
          周りは真面目でやさしくておもしろくて良い人ばかりです。授業は楽しいです。
          スペイン語の勉強は大変ですが、少しづつ話せたり理解できることが増えていくのはとても嬉しいです。
          外国語の授業以外にも、世界や日本についての様々な授業があって興味深いです。
          映画も地元の岡山だと観れないものをたくさん観ることができて幸せです。
          最近はフィンランドの映画にはまってます。和みます。

          最後に、みなさんぜひ外語祭にお越し下さい!
          1年生のおいしい、おいしい料理店や2年生の素晴らしい語劇など、どれも外大独特のものばかりです。
          ご来場いただいた方には、外大の魅力を存分に味わってもらえると思っています。

          外語祭で、そして来年の春にキャンパスでお会いできるよう心からお待ちしております!



          文責:新谷和輝(語劇局)


          ===


          ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
          □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
          ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

          今、外語祭実行委員会では、
          インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

          その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
          その2.ベストオブ学園祭2013
          その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

          どのコンテストも、twitterの拡散数や、
          サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
          そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
          1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
          あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
          以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

          その1.SNS応援団コンテスト

          その2.ベストオブ学園祭2013

          その3.全国学園祭マスコット総選挙

          みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
          ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
          ぜひ、クリックをお願いします★☆
           


          文責:宇野唯(広報局)

          怠惰と節制の出家物語

          0
            受験生のみなさん、現在どちらにお住まいでしょうか?
            東京の大学に進学して東京に下宿してスタバでWi-Fiするんだーという方も、
            実家から通える範囲の大学に進学するつもりの方も、
            いろいろいらっしゃるかと思います。
            今回この記事をぜひ読んで欲しいのが、実家からの通学も無理ではない、
            なんとかなりそうな程度の遠さに自宅を構えていらっしゃる方々です。

            そこそこ遠くてもなんとかなるか否かは、本人の性格次第だと思います。
            これはそんな生活に終止符を打った、ある学生の怠惰と節制の出家物語―

            申し遅れましてこんにちは。国際社会学部ロシア語科の者です。
            外語祭実行委員会では広報局員として、
            WEBを担当しながら社会の荒波にもまれています。ニコニコ

            通学時間は往復4時間程度でした。
            毎日朝5時30分に起きて、本も読めない満員電車に揺られる日々でした。
            眼を閉じれば広がるこの世で最も暗く深い闇に身を任せ、
            神は何のため己を世に遣わしたのか?そんなことを自問する日々でした。

            何かおかしいんじゃないかと本気で思いました。
            疲れて遅くに家に帰っても課題しか待ってない。
            文系大学生は暇なんじゃなかったのか。課題に一日3時間かかるなんて聞いてない。
            それは君が要領が悪いからだよとかそういう本当のことは今は言わなくていいから!

            こんなの絶対おかしいよ。
            本を読みたいのに勉強したいのに混みすぎてて本が開けない。
            無為に過ごした4時間に思いを馳せると発狂しそうになる。発狂した。
            課題終わってない。しかし世間は甘くない。
            遠いとわかっていて進学したあなたの責任、1限に履修を組んだあなたの責任、
            一人暮らしと違って家事をやる必要がないのだからその時間で勉強、
            一人暮らしするにしろ誰がそのお金を出すのか、要するに甘えるな…ですって…。

            それは小雨の降るある朝のことでした。
            いつものように本も読めない満員電車。
            通勤電車に似合ぬ、勤め人風ではない格好のカップルが私の前に座り、
            キャッキャウフフと嬌声を上げていました。
            窓に打ち付ける小雨、人の熱気に曇る窓。課題終わってない。
            あごを触り合うカップル。一日は24時間しかない。
            大学生活は4年間しかない(例外多数)。
            貴重な4時間を私はあごを触り合うカップルを眺めることしかできない。
            これはおかしい。
            そして私は悟りました。
            「そうだ、出家しよう。」

            秋学期から、念願の出家を果たし、大学の近くに住み始めました。
            (親を説得するくだりはおもしろくもなんともないので割愛)
            とりあえずわかったのは、もやしは神の食べ物であること、実家は偉大であること、
            一人暮らしも楽ではないことです。
            先日お米をペットボトルに移し替えようとしたところ床に撒いてしまい、
            深夜2時に涙目でお米をひと粒ひと粒拾うというイベントが発生。
            早速一人暮らしの辛酸を舐めてきました。

            一人暮らしには一人暮らしの苦労がありますが、
            私は長い通学時間の辛さには敵わないと思い、下宿を選びました。
            もちろん下宿は親の支援なしには成り立ちませんし(希に例外も…)、
            私よりも遠いところから涼しい顔して通学をこなすハイスペック学生の存在も多数確認しているので、
            どの程度の遠さから下宿をするべきか、これは本当に人によると思います。
            注意して欲しいのが、家の遠さ、通学時間の長さは、寝る時間や自由な時間が減る、
            疲れるという目に見える実害以外にも、
            多角的に精神を追いつめにかかってくることです。
            もし遠くから外大に通うことを考えている方がいらっしゃいましたら、
            まずは通ってみることをおすすめします。
            通ってみて精神に異常をきたす場合は、下宿を検討してみるのがいいのではないでしょうか。

            受験生のみなさん、試験の日にやべー全然勉強してねーよと目の下クマ真っ黒にして言う輩は大学でも健在です。
            みなさんもどうか彼らに心を惑わされることなく、勉学に勤しんでください。
            きっと楽しくて仕方がない専攻語があなたを眠らせてくれない生活が待っています。



            文責:堤麻里(広報局)


            ===


            ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
            □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
            ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

            今、外語祭実行委員会では、
            インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

            その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
            その2.ベストオブ学園祭2013
            その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

            どのコンテストも、twitterの拡散数や、
            サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
            そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
            1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
            あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
            以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

            その1.SNS応援団コンテスト

            その2.ベストオブ学園祭2013

            その3.全国学園祭マスコット総選挙

            みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
            ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
            ぜひ、クリックをお願いします★☆
             


            文責:宇野唯(広報局)

            読み返してみたら文字の話しかしてなかった

            0

              こんにちは。事務局1年、言語文化学部ロシア語専攻の水野みのりと申します。
              美しきキリル文字で繰り広げられる膨大な課題を前に、
              華麗なるロシア国歌を聴きながら「我々は聖なるРоссияに心臓を捧げた兵士・・・!」と唱える楽しい毎日。
              ロシア語科、通称ロシ科は先日2度目の大きなテストを終え、
              自由の素晴らしさを実感しているところです。

              さてみなさん、先ほどの「Россия」これは何と読みましたか?
              ロシア語に触れたことのない人なら、「ぽ…???」という感じでしょうか。
              後半はNとかRとかひっくり返っちゃってるし謎過ぎますね。おそろしあ!
              では、外語祭に訪れ、同じことをロシア語料理店中央アジア地域料理店の辺りを揚げる前の
              ピロシキや炊飯器を持って虚ろな目で彷徨っている人に聞いてみてください。

              彼らは過酷なピロシキ生産に疲れ果てた顔をぱっと明るくさせて、こう答えます。
              「ラ(華麗に巻き舌)ッスィーヤ!!!」

              4月の私はみなさんと同じ、「ぽ????」状態でした。
              ところが今の私は、
              「ラ(やり過ぎともいえる程に巻き舌)ッスィーヤ!!!(そして晴れやかな笑顔)」です。
              少し前の自分には認識できなかった文字が、今の自分には読めるというこの感動。
              これがあれば、毎日のように課される宿題という名の試練も
              ギリギリ乗り切れるというものです。

              さて、ここでちょっとだけ外語祭のネタバレをしますと、
              外語祭では、実行委員会の一年生が制作した「ようこそ看板」のお披露目があります
              この看板というか横断幕には、外大にある27専攻語で「ようこそ」と書かれています。
              これらの文字は全て各語科の一年生が「まだ習ってねえ!」と泣きながら調べた汗と涙のメッセージです。
              もちろんローマ字だけではなく、我らがキリル文字、アラビア文字、
              ペルシア文字、タイ文字、ビルマ文字、ヒンディー文字、ハングル、漢字、そしてひらがな……
              世界中の文字がカラフルに書かれています。
              同じ一年生が、私に読めない文字をすらすらと書いているところを見ると、
              「すげえな」と己のボキャブラリの貧しさをさらけ出すような感想を抱きます。
              まさに外大は、自分には読めない文字を読める人がいて、
              話せない言葉を話せる人がいる、超ミニチュアの世界です。
              9月頃はセミの屍が至る所に転がっていることを除けば本当に面白い大学だと思いますよ。

              外語祭ではそんなミニチュアの世界を肌で感じることができます。
              みなさんの名前を世界の文字で書いて差し上げる企画も用意されていますよ。
              セミの屍はもう跡形もありませんのでご安心ください。
              外語祭でお会いできる日を楽しみにしています。



              文責:水野みのり(事務局)


              ===


              ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
              □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
              ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

              今、外語祭実行委員会では、
              インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

              その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
              その2.ベストオブ学園祭2013
              その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

              どのコンテストも、twitterの拡散数や、
              サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
              そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
              1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
              あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
              以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

              その1.SNS応援団コンテスト

              その2.ベストオブ学園祭2013

              その3.全国学園祭マスコット総選挙

              みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
              ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
              ぜひ、クリックをお願いします★☆



              文責:宇野唯(広報局)


               

              一外大生の日常

              0

                こんにちは。
                国際社会学部東アジア地域中国語専攻の戸高です。
                最近すっかり秋らしくなりましたね。
                長袖の出番が増えました。
                これから外語祭の季節までどんどん涼しくなりますのでどうぞご自愛下さい。

                さて大学は夏休みが明けて2週目。
                私はどの授業を取ろうか一通り悩んで取る授業を登録している所です。
                ご存知の方も多いでしょうが、大学は自分で取りたい授業を組み合わせて時間割を作ります。
                主専攻語の授業など自由にはいかない点も多くはありますが…。
                そこで今日は私の日常についてお話ししたいと思います。
                受験生はこれを読んで大学生活を妄想してみましょう。

                私は現在祖母との2人暮らし。
                まあそこから外大まで1時間強なんですが、
                たまにスマートフォンを見ることすら出来ないくらいの混雑路線(日本でもかなり上位に入るレベル)に乗るので、朝から疲労困憊です…。
                外大の駐輪場に自転車を停めるころには「はぁ、やっと着いた…」って感じです。
                外大の1限は8:30からと他の大学より早めで、さらに1時間以上通学に掛かるので、
                取らないと留年する科目以外は1限に入れないようにしています。
                これが出来るのも大学生ならではという所でしょうか。

                私の主専攻語である中国語は週4回、5コマあります。
                予習前提で授業が進みますし、しっかり発音練習をこなさないとなかなか上達しない(そして会話の授業の先生の熱いご指導が入る)ので、
                主専攻語は外大生が一番時間を掛けている授業といえます。
                また主専攻語以外に幾つか言語の科目を履修します。
                私は今英語をとっていますが、これ以外にもドイツ語フランス語ロシア語中国語韓国語アラビア語etc……。
                その選択肢の多さが外大の魅力です。

                外大生は言語だけをやる訳ではありません。
                それ以外にもとるべき科目はたくさんあります。
                まずは教養科目。
                文系学問が殆どではありますがバリエーションはまあまああります。
                珍しい言語を勉強する、という科目もあるのが外大らしさ。
                また体育の科目も取りました。
                主専攻語に追い込まれる日々の息抜きですね。
                後期は「国際社会学部」としての科目群を取り始めました。
                政治学、経済学に民族問題の授業と「外大は言語だけじゃない」という所を感じられます。

                そして授業が終わったら実行委員会のお仕事です。
                全体の委員会は週1ですが、それ以外に自分で進める仕事が多くあります。
                私は渉外局なので外部のお店の方との打ち合わせや、電話・メールでのやり取りが多いですね。
                そうそう、今年の外語祭グッズは色々ご用意してますのでご期待くださいね!
                また実行委員会と他の部活やサークル、アルバイトを両立する人も非常に多いです。

                というわけで私の日常を簡単にご紹介しました。
                少しでも外大生活をお分かりいただけましたでしょうか。
                まだ聞き足りない!ここをもっと聞きたい!という方は是非外語祭へお越し下さい。
                11月20日〜24日ですよ!皆様のお越しをお待ちしてます!

                文責:戸高航平(渉外局)
                 



                ===




                ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
                ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                今、外語祭実行委員会では、
                インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

                その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
                その2.ベストオブ学園祭2013
                その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

                どのコンテストも、twitterの拡散数や、
                サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
                そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
                1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
                あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
                以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

                その1.SNS応援団コンテスト

                その2.ベストオブ学園祭2013

                その3.全国学園祭マスコット総選挙

                みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
                ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
                ぜひ、クリックをお願いします★☆

                 


                外大生態

                0

                   

                  こんにちは
                  国際社会学部ベンガル語科一年の高橋です!
                  9人ですよ、がっつり小語科ですね。
                  というかベンガル語科は始まってまだ2年、外大内で最も人数少ない語科です。

                  「ベンガルってどこ?」と思った人は、世界地図を見てみましょう!
                  南アジアクローズアップです、国的にはバングラデシュ、あとインドの一部で使われています。
                  ベンガル虎がいるところだと思ってくださいミ@x@ミ

                  私は外大生活について書きたいと思います。

                  私が所属するベンガル語科は、先生との距離が近くまったりです。
                  笑顔が素敵で優しい先生ばかりです。
                  ただし、先生が優しいからといってテストが易しいわけじゃありません
                  夏休み明けの初日に復習テストがありました…(´_ゝ`)
                  また、うっかり専攻語の授業の予習をしなかったときの絶望感は、はかりしれません。

                  また、地域基礎という科目では、

                  高校のときは世界史の教科書で一行で説明されてたところに、1時間かけたりします。
                  その分深ーく掘り下げてくれるので、専攻地域にいっそうの愛着がわきました゚.+:。(ノ^∇^)ノ゚.+:。
                  入学したときには自分に全く関係ないと思っていた国に、今では行きたいと思ってますからね!
                  ある種の洗脳です

                  他にも魅力的な授業はいっぱいありますが、割愛させていただきます。
                  真相は来年、どうぞ自分で!
                  ちなみに外大生になるためには英語得意、完璧!である必要はないです。
                  そうであることは望ましいですが、私みたいに英語アレルギーな人間も努力すれば可能です!

                  今の時期は自分の苦手ばっかり目について苦しいとは思いますが、必ず努力は報われます(^ω^)

                  外語祭では世界中が見えて楽しいですよ、小さな異世界です!
                  ぜひいらしてくださいね(´▽`)
                  そしてベンガル料理を食べましょう!
                  目印は「チョンドロビンドゥ」のスタイリッシュな看板ですよ!
                  フランス語科と英語科、見事に二つの大語科に挟まれました…(´・ω・`)
                  でも美味しいんで是非!
                  それでは外語祭で会いましょう

                   

                   

                   

                  文責:高橋祐希(渉外局)

                   



                  ===




                  ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                  □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
                  ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                  今、外語祭実行委員会では、
                  インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

                  その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
                  その2.ベストオブ学園祭2013
                  その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

                  どのコンテストも、twitterの拡散数や、
                  サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
                  そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
                  1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
                  あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
                  以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

                  その1.SNS応援団コンテスト

                  その2.ベストオブ学園祭2013

                  その3.全国学園祭マスコット総選挙

                  みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
                  ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
                  ぜひ、クリックをお願いします
                  ★☆



                  文責:宇野唯(広報局)


                   


                  ベトナム!

                  0


                    こんにちは〜
                    言語文化学部スペイン語科一年の竹内優李亜です。
                    大学生の夏休みは長いですね。長すぎて休みなのに疲れ果てました・・・。

                    さてさて、今日は夏休みに行ったベトナム旅行の話をしようと思います!
                    4泊5日の旅だったのですが、どこへ行って何を見るなどは特に決めず、

                    毎日食べたいものを食べて、好きなサントラをかけながら街歩きをして、市場を回って・・・

                    ガッツリ計画していっても結局その通りにはいかないのが旅行ですからね(笑)

                    あえて何も決めずに旅立ちました(笑)

                    ベトナムと言ったらやはりベトナム料理! 何を食べてもおいしい!・・・はずが・・・
                    母が生春巻きにやられましたOrz
                    夜市の屋台で買って食べた生春巻き。

                    袋を開けた瞬間に「・・・これはやばい!!」という匂いがしたので私は食べなかったのですが(笑)
                    あのセイ○ガンの力をもってしても丸一日治らない食あたりとは、

                    一体あの春巻きには何が入っていたんだろう(・・?)
                    あとは大抵はずれはなかったです。

                    フォー(米粉の麺)、バイン・ミー(ベトナム風フランスパンサンド)、

                    チェー(ココナッツミルクが入ったレインボーのぜんざい!)、南国のフルーツ、

                    路上で作ってもらった謎のせんべい(笑)全部おいしかったです\(@^0^@)/

                    行った場所で面白かったのはやはりベンタン市場ですね〜
                    ホーチミン市の目玉観光スポットで、外国人もたくさん来ていました。
                    日本人慣れしているらしく、市場の人たちは日本語が上手・・・
                    顔を見ただけでなぜ日本人だとわかるんでしょう?

                    必ず、「お姉さん!」って声かけられるんですよ(笑)
                    時には洋服引っ張って引き留めてきたりするので、一周するだけで一苦労でした(; ̄д ̄)
                    と、そこで、ベトナム人がよくはいているモンペ(?)のようなズボンを購入!(約500円!)

                    次の日にそれをはいて市場に行ったら案の定、声かけられる回数が減った!!(笑)
                    不思議そうな顔をしてこっちを見ている人とか、

                    「そのズボンいいねb」って言ってくれる人とかはいましたがww
                    軽くて涼しくてとってもはきやすかったのですが、さすが500円の安ズボン、

                    一度洗濯したら3分の2ほどに縮んでしまってもう二度とはけません(笑)

                    それはさておき、ベンタン市場でちょっと素敵な出会いがありました。

                    市場の屋台でチェーを食べていた時に隣に座った方が、一人旅をしている日本人女性の方でした。

                    なんとそれまでに一人で回った海外は30か国以上!!

                    お金を貯めては、その時に行きたいと思った国に行くそうです。

                    そういう生活憧れますね。

                    それまでに行った中でよかった国などの情報をいろいろと教えてもらいました。
                    やはり旅行はガイドブックに載っているところだけを回るのでは少し物足りない気がしますよね。

                    だからこのような情報はとってもありがたいです(^○^)

                    私も今回の旅行でも、以前ベトナムにいた人からたくさん話を聞いてから行きました。
                    外大生にはいろいろな国に行った体験がある人たちがいるので、

                    もちろん、先輩や友人から海外に関する情報もたくさん入手できます!
                    外大生であることの魅力の一つだと思います!!

                    受験生の皆さん、今は暑くもなく寒くもなく、勉強がはかどる季節ですね(^^)

                    晴れた日には公園を一周散歩しながら世界史の一問一答、なんていうのもいいですよ〜
                    がんばってください!





                    文責:竹内優李亜(渉外局)




                    ===




                    ■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

                    □┃ 一緒に外語祭を応援しよう!! (´ω`*)
                    ━┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


                    今、外語祭実行委員会では、
                    インターネット上で3つのコンテストに参加しています♪

                    その1.SNS応援団コンテスト(7位:10/8現在)
                    その2.ベストオブ学園祭2013
                    その3.全国学園祭マスコット総選挙(1059票:10/8現在)

                    どのコンテストも、twitterの拡散数や、
                    サイトのクリック数を競った、真剣勝負のコンテストです!!
                    そこで、今、この記事をお読みのみなさんにお誘いがあります。
                    1クリックして一緒に外語祭を応援しませんか?? (≧ω≦*)
                    あなたの1クリックで外語祭が1位に、たふくじらが1位になれますっ
                    以下のリンク先のHPで、「清き1クリック」をお願いします!

                    その1.SNS応援団コンテスト

                    その2.ベストオブ学園祭2013

                    その3.全国学園祭マスコット総選挙

                    みんなで、外語祭をどんどん盛り上げていきましょう!! ヽ(〃v〃)ノ 
                    ※コンテストによっては投票が1日1回できるものと、1度きりのものがあります。
                    ぜひ、クリックをお願いします★☆



                    文責:宇野唯(広報局)


                    大学生活。

                    0


                      こんにちは!
                      事務局1年、言語文化学部スペイン語学科の白石理沙です。

                      最近、朝晩に加えて日中も涼しくなってきましたね。
                      受験生のみなさんは体調に気を付けて一日一日を悔いのないように過ごしてくださいね。

                      さて、長かった大学の夏休みも終わりが近づいてきました、、、いよいよ後期が始まります!!!
                      そこで、私が外大に入学してからの生活を振り返ってみたいと思います!

                      私は大学に実家から2時間弱かけて通っています。

                      最初は遠すぎて気が狂いそうになっていましたが、

                      今では通学時間を上手く利用して時間を無駄にしないようにと心掛けるようにまでなりました。

                      ポジティブに考えることが大事ですね笑。

                      大学ではスペイン語を専攻しているので、週5でスペイン語の講義を受けています。

                      スペイン語学科、略してスペ科は人数が約70人で、外大の中では人数が多い学科です。

                      人数が多い、大語科だと中々全員と関わり合うのは難しいのではないか、

                      と思われるかもしれませんが、実際は皆で誕生日のお祝いをしたり、夏には花火をして遊んだり、、、

                      と大語科なりに交流を深めています。

                      そんなスペ科も11月の外語祭に向けて着々と準備を進めています!

                      外語祭では毎年1年生は語科ごとに、自分達で料理を振る舞う料理店を運営するのです!
                      是非是非スペイン語科の、¡Tengo hombre!(店名)に遊びに来てくださいね!(宣伝)

                      えー、大学生活の話に戻りますね!
                      大学生になると、自分で時間をどれだけ上手く管理することが出来るのかが重要になってきます。
                      毎日を充実させるかどうかは、自分次第なのです。

                      と書くと堅苦しいですが、まぁ、高校の時とは比べ物にならないくらい様々な選択肢があるので、

                      自分で上手く優先順位をつけて決断することが大切なのではないかと最近思っています。

                      そして大学に入って感じたことは

                      大学には色々な人が様々な場所から集まってきているのだな、ということです。

                      外大に入学した経緯が人それぞれ違うので色々な価値観や考え方を持つ人がいてとても刺激になっています。
                      それに伴い交友関係も広がったのですが、小学校が同じだった友人と再会したり、

                      共通の友人がきっかけで仲が深まったりと今までの人間関係に新たに友人や知り合いが増えてとても楽しいです。
                      多くの人と知り合うことで、自分の世界が広がっていっている気がします。
                      出会った人との繋がりを大切にしていきたいです!

                      長々と書いてきましたが、最後まで読んでくださりありがとうございました。
                      是非是非、外語祭に遊びにきて、外大の雰囲気を実際に体感してみてください!

                      キャンパスで会えるのを楽しみにしています!!!



                      文責:白石理沙(事務局)



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      外語祭はFBもやっています!

                      Google AdSense

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM