今年の夏は…

0

    はじめまして〜〜。広報局一年の園部です!!


    大学生初めての夏、ベトナムに行ってきました!

    今回はマングローブを植林するツアーに参加しました。
     

    まず、ベトナムに行く前に
    ベトナム語の会話くらいはマスターしてやろう!!!と思って、2000円以上するベトナム語の本をわざわざ買ったんですけど、発音も難しすぎて結局まったく覚えられず、
     

    Xin Chao(こんにちは)
    Cảm ơn(ありがとう)


    だけを頭に入れてホーチミンに飛び立ちました。

     

    結局、ベトナムでは日本語を話せる大学生や、日本語を話せない大学生とは受験勉強で学んだ英語を使って行動してたので、ベトナム語はまったく必要なかったです笑
     

     

    実際ベトナムはどうだったかというと…
    ホーチミンの街歩きでは安くておいしいグルメを堪能したり、名所にいったりと観光を満喫しました!
    マングローブの植林はとにかく暑くて汗が噴き出しましたが、少しでも環境保全に役立てたならいいなーって思ってます!
    そして、最後に中部のニャチャンというリゾート地に寄って一泊しました!
    海が沖縄並みに綺麗で、何回、目にしても

    「わー¥(//∇//)¥」
    といってひたすら感動してました!!!
    毎日降るスコールの迫力にも驚きました。笑

     

    ここには書ききれないくらい、いろいろな思い出ができたのですが、最後に、嬉しかったエピソードを。
    滞在中、疲れもあってか、すっごくお腹が痛くなった時がありました。(食あたりではありませんよ!)

    そこで心配してくれた同じグループの日本とベトナムの学生が何から何までサポートしてくれて、ベトナム人の1人は、学んだ日本語を一生懸命使ってLINEで気遣いのメッセージをくれましたし、他にも、必要なものを買い出しにいってくれたりと、みんな心温かく接してくれて、体調不良でありながらも心から感動していました。
    彼らとは出会ったばかりなのに、最後のお別れで号泣してしまうくらいかけがえのない友達になりました。
    たくさんの愛に溢れた11日間で、様々なことを体験し、ベトナムが大好きになりました!!

     


    以上長くなりましたが、ベトナムでのお話でした。(ほとんどマングローブの話してなかった…)
    受験生の皆様はこれからいよいよ勉強が大変になっていくかと思いますが、無理はしないでくださいね!元気が一番です!!

    そして息抜きにぜひ外語祭に足を運んでいただければと思います(^^)お待ちしています!

    最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

     

     

    園部 洋奈(広報局)


    大人になったら

    0

      こんにちは。英語専攻2年事務局の藤原悠真です。

      受験生の皆さんは夏休みが終わって、夏の成果について一喜一憂しているころでしょうか。僕も受験生のときはそんな感じでした。
      まあ、そんなことは置いといて、書くネタがないので最近考えことについて書きたいと思います。
       


      唐突な質問ですが、みなさん10年前と言われたら何を思い浮かべますか?

      僕はその時小学4年生くらいで、誕生日プレゼントで買ってもらったポケモンをひたすらやっていました(笑)。

      今考えるとあれからもう10年なんですね。時が経つのは思いのほか早い。


      さて本題ですが、みなさん小学生の時になんか10年後の自分に手紙を書こう!的な授業が総合の時間でありませんでしたか。

      授業の名前はまちまちだと思うんですが、多分やったんじゃないかなと思います。

      うちの小学校はタイムカプセルだったんですがその手紙的なやつの内容が親から送られてきたのでこれを書くに至ります。

      そこには「大人になったら何でも一人でできるんじゃね?(意訳。字が汚くて断片的にしか読めない+標準語補正。)」というような感じのことが書かれていました。

      10年ほどたった今現在の結論としては、

      「結局1人じゃなんもできてない。周りに助けられてばかり」

      以外にないです。

      自分自身のスペックが低すぎるせいもあるんですが、いつも周りに迷惑ばかりかけています。ホントシャレにならないくらい。

      すごく申し訳ないと思うと同時に、仲間ってすごく大事だなってことを改めて痛感しました(どの口がそれを言う感じですが)。

      これでも一応辛い受験勉強や部活を、友人や部活のやつらと乗り越えてきたので「仲間は大切にする」という意識はそれなりに持ってはいたんですが、それを大幅に塗り替えられるくらいほぼ1年半の事務局での仕事は衝撃的でした。

       

      やっぱ仲間って大事だなって常々感じています。

      特に先輩方には、感謝以外の言葉が見つからず、足向けて寝られないです。

      ただ、そんな先輩方に恩を返すには外語祭を無事に終えられることくらいしか考えられないので、日々書類等に悪戦苦闘している毎日です。がんばります。

       


      とまあ、自分についてばかり書いてきましたが(まだ続くんかって感じですが)、きっとそれは受験生の皆さんにも当てはまるんじゃないかなと思います。

      おそらく受験勉強は決して順調進められるものではないと思います。

      下がる模試の結果に、上がる難易度、減っていく月日と精神が参ってしまうには十分すぎるほどの逸材がそろってくるのが今頃だと思います。

      そんな中だからこそ、友人は大事にしてほしいです。

      やっぱり同じ目的で動いてるやつを見ると、何となくやる気が出てくるというか、あいつがやってんだからおれもやらなきゃという気持ちが刺激されるというかそんな感じになると思うし、何よりくじけそうになった時には互いに励ましあえるやつがいるっていうのはお互いにとって大きな力になると思うんで、心がやみそうな時ほどぜひ仲間を大切にしてほしいなと思います。
       


      なんか自分の書きたいことを徒然なるままに書いただけかつ日本語へたくそでタイトルと内容かみ合ってねーじゃんという感じで相当読みにくいと思うので簡単にまとめるとやっぱり仲間は大事ってことです。

      事務局に入って学んだことの最たるものの一つです。

      そんな仲間に感謝の念と仕事ができないことへの悔恨の情を抱きながら外語祭までの仕事を頑張りたいと思うので、みなさんも受験勉強頑張ってください。陰ながら応援しています。


      写真は野郎6人で韓国行ったときに撮った李舜臣の像です。載せられる写真がこのくらいしかない。

       

       

      藤原悠真(事務局)


      positive

      0

        ¡Hola!(こんにちは)
        国際社会学部ラテンアメリカ地域、スペイン語科の一年田中雅隆です。

        外語祭実行委員会では企画局に所属しています。(自己紹介が長いよね


        今日はせっかく受験生に向けてメッセージがかける機会をいただいたので、最近僕が思っていることを書きたいと思います。

        文章書くのが苦手なのでところどころうまく伝わらない所があるとは思いますがお付き合い願えればとおもいます。

         


        受験生の皆さん、皆さんは日々、参考書のこと・判定のこと・志望校のことなどたくさん悩んでいると思います。

        でもその悩みって一期一会でありかつ一生涯続くものだと僕は思います。

        受験っていつかは終わるものである一方似た悩みは大学生になっても訪れるものです。

        その上で皆さんに言いたいのは、開き直ってpositiveになってくださいってことです。

        辛くて、悩んでるのはみんな一緒、僕も日々悩みでいっぱいです、えらそうなこといえないですね笑

         

         

        そこで、僕が実践している開き直り方を紹介します。
        誰か聞いてくれる人にぶっちゃける、愚痴る
        何に悩んでいるのか紙に書いてみて、書いた言葉をpositive語訳(笑)してみる。
        無理やりpositiveになる。←最近習いました、positiveに考えることを習慣化しようっていうことらしいです。

         

        皆さんそれぞれpostiveになり方を考えて実践してみてください。気持ちが軽くなり、やる気が少しだけ増えます。
        今の僕なら「真剣に向き合って悩む時間は大切です」とか言っちゃいそうですが、勉強して外大に合格してほしいので、メンタル面から改善する方法を提案してみました。

        皆さん、苦しいのは高校生も大学生も一緒です。

        周りのサポートを大切に一つひとつ乗り越えていきましょう!それではまた!!!!!

         

         

        田中雅隆(企画局)


        「外語祭に夢中!」の裏側から

        0

           



          こんにちは。ついに順番が回ってきた私は広報局長の増田です。



           



          お久しぶりです。



           



          そう!私は去年、外語祭期間中に特別更新をしていたスタッフブログ担当、つまりこのブログを内部から操作している者です。



          その証拠に、ブログを操作して、こんなサイズやで文章を書くことができます。スタッフブログ担当なのでやりたい放題です。



          今日はそんなスタッフブログ「外語祭に夢中!」を操りし者として、私と東京外大そして外語祭実行委員会との出会い……さらにはスタッフブログの裏話までデロンデロンに公開していきます。



           



          「え!?そんなの外語祭というより、増田くんの個人ブログじゃないか!」と感じた方もいらっしゃるかもしれませんが、本来スタッフブログはこれでいいのです。普段はグエー単位落としたとか言ってるくせにブログになると急に真面目になる現象、積極的にやめていきたい



           



          まず私と東京外大の出会いについてお話します。高校生だった頃の私は志望校に悩んでいましたが、大学受験は自分の本気を試す場だ」という先生のお言葉に心動かされて「あはぁ〜ん、じゃあ東大〜ん」くらいの気持ちで東大志望になりました。途中でカッコつけて一橋大学に変えたりもしましたが、結局どちらもセンター試験で完膚なきまでにベコベコにされた結果、出願する勇気を失ってしまいました。



          私立のセンター利用さえD判定……涙目になりながら新しい志望校を探している僕に向かって先生が、センターの結果をバンザイシステムに照らし合わせながら、こう言ったのです。



           



           



          「外大にしたら?」



           



           



          外大? 外大って、東京外語大か? 帰国子女がたくさんいて、挨拶代わりに「オ〜ゥ! ナイスバディ〜!」とか言ってる、あの外語大のことか!?


           



          ……と一瞬戸惑いましたが、自分の成績で行けそうな一番良い大学はどうやら外大だったのでそのまま出願し合格しました。



           



          次に私と外語祭実行委員会について。外大に入るまで、そもそも外語祭を知らなかった私は、外語祭実行委員会が新歓をやっているのを見て「どんな学園祭なのかしら」と外語祭について検索してみました。



          すると! なんとこの外語祭、



           


          ・世界中の料理が食べられる!


          ・多様な言語による演劇が見られる!


          ・ステージの演奏に民族音楽!


          ・国旗のフェイスペイント、民族衣装の試着など外大らしい企画がたくさん!


          ・めざましテレビなど有名なメディアが取材に!


          ・東京近郊でNo.1の学園祭に選ばれた!!


           



          などなど、本当に魅力的な学園祭だったのです!!



           


          しかし、こんなに素晴らしい学園祭なら、さぞ有名なんでしょうなぁ!?と思って「行ってみたい学園祭ランキング」を検索してみると、外語祭はなんとランク外……。


           



          これは、もしかして宣伝不足なのでは!? もっとたくさんの人に、外語祭を知ってもらわねば!



           


          そう思い、外語祭実行委員会広報局に入りました。



           



           



          今、私はその広報局の局長です。


           



          偶然の出会いが重なって辿り着いた、外語祭実行委員会という場所。



           


          私一人では決して選べなかった道を、私一人で歩いています。


           


          そしてこの1年で、外語祭が少しでも多くの人に知ってもらい、より多くの人に足を運んでもらえることを願っています。



           



           



          文責:増田修平(広報局長)



          力技で締めた上に愛生会病院みたいなデザインの記事になってしまいましたが、スタッフブログ担当なので問題ありません。


          写真は中国のbilibili動画に無事会員登録できた時の画面です。記事内容とは関係ないけど、大丈夫です。スタッフブログ担当ですから。



          やせたい

          0

            Ciao!イタリア語専攻事務局1年の幸野成希です!
            このブログ担当の週だということを完全に忘れていて締め切り直前に書いています笑

            外大に入学して早いことでもう半年が過ぎようとしていますが、
            僕は相変わらずくそのようなニート生活を送っています。

            とはいっても、この夏は学期中に比べると、いくらか充実している気がします。

            事務局旅行に、免許取得(仮免試験に落ちた)、バイト、それから高校時代の友達や後輩とも飯に行ったり、といった感じです。

            後輩と飯に行って受験の話なんかを聞いていると、自分が受験勉強に苦しんでいたあの頃からもう1年も経つのかと驚かされます。高校生に戻りたいとは思いませんが、高校生を見るたびになんとなく羨ましくなる今日この頃です。

            まあタイトルに沿って僕のダイエット奮闘記を詳しく書いてもいいんですが、誰も得しないので、受験体験談っぽいものでも書いてみようと思います。
             


            僕が本格的に外大を目指し始めたのは高3の夏頃です。僕は、野球部に所属していたので1,2年の間、周りの人ほど勉強する時間がとれていなかったとは思いますが、それでも英語は好きだったので自分なりにがんばっていたつもりです。

             

            元々は、阪大の外国語学部を目指していたんですが、阪大の前期試験には数学が必要だったというのと、外大を目指している友人がいたということもあって、志望校を外大にしました。

            部活を引退してから、夏の間は主にセンター対策に重きを置きながら、勉強を進めました。英語は180以上取れて当たり前の世界だと聞いていたので、英語に少し時間を割きつつ、ほかの科目とのバランスも考えていました。

            ここでの失敗は、あまりリスニングに時間をとれていなかったことですかね〜。これで、2次試験ではかなり痛い思いをすることになります。

             

            その後、9月、10月と二次試験とセンターの対策を5:5くらいの割合でやってました。

            赤本も3年分くらいは解いてたと思います。リスニングは、もうそれはそれは苦手だったんですけど、学校の先生から紹介していただいたシャドーイングという勉強を毎日最低でも1時間はしていたので、センターリスニングは何とか聞き取れるようになりました。

             

            そんなこんなで、センターではいつも通りの点数をとることができ、2次試験当日を迎えました。

            大問1〜大問3は何とか解けたんですが、問題はリスニング。何にも聞こえません。

            音きったねえし、はえーし問題を目で追ってたら音が止まって「あれ?もう終わった?」って感じです。

            リスニング要約あきらめて、長文に全力を注ぎました。それから、発表の日まで絶望の毎日でしたがなんとか合格できました。(捨てる勇気も大事ってことですわ←)

            いやー、うれしかったです。反動でその後2,3か月ニートになっちゃうくらいうれしかったです。

            長々と書いてきましたけど、結局何が言いたいかっていうと外大のリスニングはまじでやばいぞってことです。

            合格通知をその手にする日までがんばれ〜受験生!!!

            みなさんと外語祭実行委員会で一緒に仕事できる日を楽しみにしてます!

            あーーーーーーーーーーーーーーーーーーー、やせてえ。
             

            (写真は僕のダイエットパートナーです)

             

             

            幸野成希(事務局)


            夏休みあと1ヶ月

            0

              こんにちは!野外ステージ局1年の佐藤優美です。

              今日から3日間、外語祭実行委員会の夏合宿なので今、尾瀬にいます!(この記事は9月4日に書いています。)

              さっき外で花火やって、その後みんなと話しながらこれ書いてます。
               


              外大にいると海外経験ある友達がたくさんいて、実は海外住んでたって聞いても、あっそうなんだくらいに思うようになりました(笑)

              夏休みのお土産もグローバルで、今年は浴衣着て外国のお菓子を食べながら花火見たりもしました。

              友達とか先輩から色々な国の話も聞けます。日本にいても世界が本当に近く感じられて、こんな環境なかなかなくていいなーって楽しんでます。

              受験生はこれからだんだん辛い時期になってくると思います。

              受験勉強してると色々ストレスも溜まると思います。私も、高校の通学路の途中に映画館とかショッピングモールがあったので、1日勉強した帰りに楽しそうな人達を毎日見るのがなかなか辛かったです(笑)

              でも、今は辛いかもしれない勉強するその時間が春の笑顔に近づくのに絶対役立ってます!

              色々考えちゃうときもあると思うけど、自分のペースで最後まで乗り切ってください!!

               

              (写真は今日の花火です)

               

               

              佐藤優美(野外ステージ局)


              海外旅行に行きたい

              0

                こんにちは、野外ステージ局の山口です。
                もうそろそろ夏も終わりですね。

                私は部活やバイトでなんだかんだ忙しく、短い夏だったなあという感じです。
                 


                さて、長期休みの間に海外に行く外大生はたくさんいますが、ここで、この夏休みどこも海外に行かなかった私が、行きたい国ランキングを発表したいと思います!
                 


                第3位 エジプト
                ピラミッド見たい。
                あとラクダに乗りたい。

                 


                第2位 韓国
                今年の2月に行ったのですが、良かったのでもう一度行きたいです。
                ごはんがおいしかったです。

                 


                そして栄えある第1位は…… イタリアです!
                世界遺産を巡ったり、芸術鑑賞がしたいです。

                 


                外大にいると、海外が好きな友人が多くいるからか、自分の専攻以外の国や地域にも興味が出てきたりします。

                上に挙げた韓国はまさにそうで、もともと私は韓国にそんなに興味がなかったのですが、韓国好きの友達に連れられて旅行に行ってみたらとても良かったです。
                こうやって自分の興味の幅が広がっていくのはすごくいいことですよね〜〜

                なんだかもう書くことが無くなってしまったので、最後に受験生向けにメッセージを書いときます。

                毎日毎日勉強ばっかりするのはつらいですが、今頑張らなければあとで後悔すると思って必死で頑張りましょう!

                以上です。
                 


                (写真は韓国です。)
                 

                山口 桃子(野外ステージ局)


                夏の終わりに

                0

                  Здравствуйте!

                  渉外1年の熊谷有佳です。

                  前にも説明していた人がいた気もしますが、渉外局とは企業やお店に電話を掛けたりメールしたり時には直接出向いたりして、外語祭への協賛をゲットする局です。

                  このお仕事はなかなか辛いことも多く、電話で連続約10件断られて
                  「もうやだ…心折れる…」
                  と盛大に落ち込んで涙ぐむこともありますが、何とか頑張っています。


                  現在私は帰省中ですが、東京に帰ったらまた腰を据えて電話掛け等頑張らなきゃなあと思う今日この頃です。


                  さて今年は本当に
                  腹が立つくらいに暑かったですが、受験生の皆さんは体調を崩さず元気に勉強していますか?

                  やはり夏には去年の壮絶な受験生生活を思い出しますね。
                  私も一年前は勉強しまくってました。

                  多くの人に

                  「高校生は文武両道じゃなきゃダメ」だの、
                  「文化祭の準備に来い」だの、
                  「最終的に成功するのは、勉強も学校生活も充実させた人間だ」だの言われ…
                  (受験勉強のストレスでナーバスになり、「不合格だったらどうしよう」と不安で不安で仕方なかった私には、特に最後の言葉は結構こたえました)

                   


                  悩みながらも結局私は受験勉強一本に絞りました。

                  模範的な高校生ではありませんでしたが、その結果として第一志望校に合格し、今に至ります。
                  ですので今ひたすら勉強してる受験生の皆さんは、誰に何を言われても勉強してる自分自身に自信を持ってください。

                  一方今年の夏はと言いますと、
                  去年の夏とは対照的に、人生で初めてといってもいいくらいオリンピックをゆっくりテレビで見てました。(笑)
                   

                  オリンピックと言えば、私の専攻地域ロシアは陸上のドーピングがバレて、オリンピックは陸上選手全員、パラリンピックは全種目のアスリート全員が出場を認められないという惨事になりました。悪いことはするもんじゃないです。
                  かくいう私は受験期には緊張のためしょっちゅう腹痛に襲われ、センターや入試は常にストッパ常備・摂取でしたが、
                  これもドーピングの一種でしょうか…(汗)

                  さて受験生の皆さん、甲子園、オリンピック・パラリンピック見てる場合じゃないです。
                  真面目に勉強しましょう!
                  そして外大で会いましょう!

                   

                  熊谷有佳(渉外局)


                  ワクワク

                  0

                    ブログをご覧のみなさん!こんにちは!

                    語劇局1年、タイ語専攻の菊池です。

                    突然ですが、皆さん、
                    は好きですか?私は大好きです!(この夏休みはどこにも行けてませんが…)

                    国内外の観光旅行だけでなく、いつもは通り過ぎてしまうだけの駅で何気なく降りてふらっと歩き回ったり、自転車で隣町まで行ってみたり。

                    今まで知らなかった土地を訪れるのってワクワクしませんか?

                    実は、私がこのワクワクを初めて感じるきっかけとなったのは、小学校の頃のタイへの旅行です。

                    私は初めての海外経験がタイでした。食べ物は美味しいし、お寺は綺麗だし、人は優しいし、もう最高。

                    しかし一方で、日本では考えられないような物乞いの人がたくさんいたり、ぼったくりにあったり、もう怖い。

                    良い意味でも悪い意味でもすべてが新鮮で衝撃的でした。ワクワクしました。
                     


                    その後、旅好きになった私は様々な所へ行きました。たくさんのワクワクに出会いました。

                    しかし、結局10年前のワクワクが今の私をこの大学、この言語まで連れてきました。

                    いつどの時の経験が人生を決めるのか分からないものですね。

                    そして私は、皆さんとこのワクワクの感情をたくさん共有したい!

                     

                    そこで外語祭です!!(唐突)


                    外語祭の期間は「世界」が外大に集結します。何度も何度もワクワクが味わえるのです!!
                    実は私はまだ外語祭を経験したことが無く、今年が初めてです…。

                    なので、このブログを読んで下さっている皆さん!私と一緒に外語祭でたくさんのワクワクを経験しませんか?

                    (写真は数年間にタイのプーケットというところに行った時のものです。この雑多な感じがたまらなく好きです!!)

                     

                     

                    菊池 峻汰(語劇局)


                    「人」という字は互いに支え合って…

                    0

                      はじめまして!
                      事務局2年の中原です。

                      私は今カナダのレジャイナというところに来ています。

                      出国前日にこじらせた鼻風邪と飛行機の気圧変化にやられて中耳炎になったり、寒さに震えながら薄いカーディガン1枚だけ羽織って登校したり、先生のテンションの高さについていけなかったり、と色々ありましたが今はなんとか楽しい生活を送っています。

                      唯一の心配事は体重増加。ホストファーザーの作る手料理が美味しすぎてついつい食べ過ぎてしまいます。

                      全く夏バテしてません、夏なのにとにかく寒い。
                       


                      さて、「レジャイナってどこにあるの?」と出国前に散々いろんな人に聞かれました。

                      それほど無名な都市に滞在しているわけですが、皆さん本当に優しくてフレンドリーでレジャイナに来て良かったなと日々感じています。

                      バスの運転手は乗客が下りる際、一人ひとりに“Have a nice day!”って声をかけてくれるし、教会では初対面の人同士が挨拶を交わして仲良く話をし始めるし、ホストファミリーはカナダの文化やオリンピック等いろいろな話をしてくれるし。

                      人と人とのつながりがひしひしと感じられてとても居心地がよいです。
                       


                      さて話は遡ること3年前。私は高校2年の11月に初めて外語祭に足を運んだわけですが、本当に圧倒されました。

                      ずらーっと立ち並ぶ料理店・模擬店の数々、野外ステージで踊る人々、語劇。

                      しかし私が一番印象に残っているのは料理店でも語劇でもありません。

                      とにかく人と人とのつながりが強いところ。そこに惹かれました。

                       

                      同じ専攻の人たちと協力しながら料理を提供する1年生の姿、留学生と楽しく会話をしている日本人の姿、野外ステージに出演している友達を大声で応援している外大生の姿。

                      私が外大に入りたいと思ったのは他の皆さんと同じように外国語を学びたかったからなのですが、最終的に絶対外大に行くぞ!と決心したのはこの時です。

                      外大なら充実した大学生生活が送れるだろうと確信しました。

                       

                      外語祭に魅了された私は結局その次の年の外語祭にも足を運ぶことになりました。

                      しかも家族勢ぞろいで。往復3時間以上かけて。
                       


                      外語祭のファンになってからまもなく4年が経ちます。

                      4度目の外語祭。今から楽しみで仕方ありません。外語祭の夢まで見るほど。

                      高校生の皆さんは部活・勉強等で忙しいかもしれませんが長時間かけてでも来る価値あります。私が保証します。

                      では11月に皆さんに会えるのを楽しみにしています!

                       


                      写真はレジャイナの風景。道が広い。

                       

                      中原歩(事務局)



                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      外語祭はFBもやっています!

                      Google AdSense

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM