世界を食べる祭り

0
     

    こんにちは。事務局長の舘です。
    今回は事務局が管轄する企画のなかでも、外語祭を語る上で欠かすことのできない「専攻語料理店企画」について紹介したいと思います。

    多磨駅側入り口から外大に入って少し歩くと、円形の広場に入ります。
    その広場をぐるりと囲んでいる円形の回廊がそのまま「彼ら」の企画場所です。
    私は高校2年生のときに初めて外語祭を訪れました。そこで広場の中心に立って見渡すと、四方八方に世界各地の料理店がある光景に驚かされたことが、今でも記憶に残っています。

    26の専攻語を持つ彼らは、それぞれが日頃学んでいる研究地域の料理を提供します。
    つまり、外語祭では26もの各国料理店が軒を連ねることになります。
    異なった国・地域の料理がこれほど多様に食べられる場所は、世界中でも外語祭だけではないでしょうか。

    料理店では、馴染み深い料理から、聞いたこともない料理までさまざまな料理が提供されます。
    本格的な中華料理や韓国料理、本場インドのカレーまでなら知っている方も多いでしょうが、
    ウルドゥー語専攻が提供するパキスタン料理、ビルマ語専攻が提供するミャンマー料理、ラオス語専攻が提供するラオス料理と言われてぱっとイメージできる方はなかなかいないのではないでしょうか。
    もしいらっしゃるとすれば、その方は外語祭に来たことがありますよね?(笑)

    このように、世界各国の料理が食べられる料理店ですが、それらを提供しているシェフたちは一体誰なのでしょうか?
    答えはなんと、東京外国語大学に入ってまだ半年ほどしか経っていない1年生たちです!
    外語祭では1年生が自らの専攻語地域の料理店を運営することが伝統となっています。
    彼らはそれぞれに研究地域を調べ、ネイティブの教授からの指導も仰ぎながら、試行錯誤を重ねて、外語祭までに料理の腕を磨きます。
    日本では買えない食材を現地から調達するところもあり、味はどれも絶品です。

    さらに酒好きにはたまらない世界中のお酒もあります。
    かくいう私も今年度の外語祭では全料理店のお酒を制覇するつもりです(笑)
    もちろん1日でではありませんよ!外語祭は5日間あります。
    お持ち帰りもあるので、節度ある飲酒を心がけましょう。

    ここまでつらつらと文章を書いてきましたが、専攻語料理店の魅力を数%でも感じ取っていただけたでしょうか?
    少しでも興味を持たれた方は、ぜひとも一度足を運んでみてください!
    専攻語料理店企画に限らず、外語祭には来てみないとわからないことがたくさんあります。

    Seeing is believing.(百聞は一見にしかず)

    半径50メートルの広場で、世界があなたを待っています。

    文責:舘悠貴(事務局長)

     


    外語祭をもっと外へ

    0

      皆さんこんにちは。広報局長の吉川佳見(よしかわ よしみ)です。

      今日から7月が始まりました。
      下の記事で副委員長が書いているように、7月は外語祭実行委員会の活動が少しずつ収まる頃ですが、
      暑さは反比例してこれからどんどん厳しくなっていきますね。
      暑いのが苦手な私は、冬の寒さが恋しいです…。
      しかし、外語祭が行われる5日間だけは、キャンパスが大勢の人の熱気で包まれてほしいと切に願っています!

      沢山の方に来ていただくために、一番大事なことはもちろん、「外語祭のアピール」です。
      今年の広報局は、学外広報により一層の力を入れ、外語祭の知名度と来場者数を上げることを主な目標としています。
      昨年度は、行ってみたい学園祭ランキングで第3位を獲得した外語祭ですが、それを確実に「来場」につなげるためにも
      今年の更なる踏ん張りが必要だと思っています。
      まだまだ試行錯誤の段階ではありますが、もっと多くの方に驚きと感動を与えられるように、
      広報局が中心となって、他とはひと味もふた味も違う学園祭である外語祭をアピールしていきたいです。

      最後に、少し図々しいお願いですが、
      今この記事をご覧の皆さん、是非周りの方々にこのブログを紹介してあげて下さい!
      週3回、外語祭や外語祭実行委員会の「中身」を紹介していきます。
      それから、実はツイッターもあるのです!

      URLは、http://twitter.com/#!/gaigosai89

      ツイッターでは外語祭に参加する団体さん向けの会議のお知らせなどをつぶやきますので、
      関係者の皆さんは是非是非フォローお願いします。


      文責:吉川佳見(広報局長)


      外語祭実行委員のお仕事―前期―

      0

        こんにちは!第89回外語祭実行委員会副委員長の鎌田晃輔(かまた こうすけ)です。スタッフブログ2発目ということで、何を書こうか迷ったのですが、今回は「外語祭実行委員会の活動について」簡単にご紹介したいと思います。

        私たち外語祭実行委員会の活動の目的は、言うまでもなく本学の学園祭「外語祭」です。
        1回で委員長の伊藤が書いたように、外語祭は1119()1123()5日間です。

        ところで、我々外語祭実行委員会の活動はいつから始まっていると思いますか?9月?10月・・・?

        実は、1年生が入学を始める前から始まっているんです!
        今日は、このブログを読んだ皆さんに、「外語祭実行委員会ってこんなことしてるのか!」という新鮮な感動をお伝えできればと思います。紙面の都合上(!?)、今回は前期の活動だけをお伝えいたしますが、どうぞお付き合いくださいませm(_ _)m

        私たちの活動は、入学の準備に入る一年生に勧誘のビラを配ることから始まります。このビラも、毎年反省を生かし、進化をつづけているのです。入って来た一年生には新歓ご飯・12日のキャンプ(@鳩ノ巣)を通して親睦を深めます。

        4
        月と5月はいわゆる新歓シーズンである一方、実は実行委員としての仕事も進んでいるのです。特に5月の下旬には外語祭に参加する団体が決定するため、そのための会議を開いたり、書類を作る準備で大忙しなのです。

        6
        月にもなると、新歓も終わり実行委員全体が本格始動していきます。特に今年は震災の影響もあり、すべてのことを前倒しで行っていく必要もあるので、1年生も即戦力としてどんどん仕事を進めています。そうして一生懸命働いていると、気づいたら夜の9(退出時間)になっていることもしばしば・・・。

        もうすぐ6月も終わってしまいますが、7月・8月には少し活動が落ち着きそうです。7月の下旬には大学のテストが待ち受けていますが、それを乗り越えれば納会(前期の疲れを癒す会)というスペシャルイベントが待っており、それを励みに実行委員は頑張るのです笑

        ご覧になったように、実行委員は前期からも活動しており、外語祭の半年前からどんどん作業を進めているのです。その一方、外語祭に参加する団体の方々も5月という早い段階から準備を進めなければならないので、学生全体がそうした早い時期から「外語祭」という存在を意識することになるのです。その意味で、「外語祭」はまさしく外大生の一大イベントだと言えますね^^

        まとまりのない文章になってしまいましたが、最後までお付き合いしていただき、ありがとうございました^^
                   

                                               文責:鎌田 晃輔(副委員長)


        自粛を自粛しよう!

        0

          こんにちは。第89回外語祭実行委員会・委員長の伊藤太郎、通称テリーです。今年の外語祭ブログ一発目を任されました。いつもと違い、今回はちょっと真面目に書きます。最後までお付き合い下されば幸いです。

           今年3月11日、ご存知の通り東日本大震災が発生しました。幸い私たちの大学および外語祭実行委員会に大きな被害はありませんでした。(本当に、本当に良かったです。)


          ただ、震災後、「節電意識」と「自粛ムード」が日本中を覆い、学園祭のような「お祭り」にとっては逆風に見舞われる形となってしまい、多くのイベントが縮小・中止になってしまいました。(夏の風物詩である花火大会まで中止だそうですね・・・)
          非常に残念なことですが、あれだけの災害でしたから仕方がないとも思います。

          私も「節電」に関しては、個人としても、学園祭実行委員としても、できる範囲で協力していかなければならないと感じています。

          しかし「自粛ムード」に関しては反対です。

          確かに今も被災した方々の多くは苦しい立場に置かれています。ただ、だからといって私たちの自粛が助けになるのでしょうか。
          「祭り」を企画する一員として思うのは、むしろ例年通り、いや例年以上に、楽しんで外語祭を開催することが大事ということです。なぜここまで断言するのか。それには私が以下のように考えているからです。


          「お祭り」は人を元気にできます。(私はそう信じています。)外語祭は来場者数約3万人のイベントですから、少なくとも3万人を元気にできます。
          「学園祭ごときが偉そうに!」なんて思われるかもしれませんが、真剣です。
          これが外語祭実行委員流の支援の形になると信じています。(※個人的意見です。)

          外語祭が自粛ムードをぶっ飛ばし、日本を元気にする。これを目標にしてこれから外語祭本番まで頑張ります。

          外語祭でほんとに元気になれるの。そう思った方こそ、是非外語祭にお越しください。そしてご自身で「元気になれる」外語祭を体験してみて下さい。

          外語祭は11月19日〜23日の5日間開催されます。5日間もあれば忙しい方でも都合がつく日・時間があるのではと期待しています。

          みなさんのご来場を心よりお待ちしています。

          第89回外語祭実行委員会 委員長 伊藤太郎

          外語祭に関してもっと知りたい方はこちらへどうぞ。
          →ホームページへのリンク
          http://www.gaigosai.com/

                                                                                       文責:伊藤太郎(委員長)



          calendar

          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          2930     
          << September 2019 >>

          外語祭はFBもやっています!

          Google AdSense

          selected entries

          categories

          archives

          recent comment

          links

          search this site.

          others

          mobile

          qrcode

          powered

          無料ブログ作成サービス JUGEM